梅の花と大温室「春の特別ラン展」(広島市植物公園)

広島市植物公園、梅の花と松の雪つり

広島市植物公園では例年二月の中旬から梅の花が咲き始め下旬には見頃を迎えるんじゃけど、この頃には「春の特別ラン展」も開催され無数のランにより大温室がいつもより華やかになる。

二月といえばまだまだ寒いんじゃけど、園内には梅の花以外にも春を知らせてくれる花が所々咲き始めとったわい。

大温室やベゴニア温室では一年中花が咲いとるけん、広島市植物公園は一年中いつ行っても花が楽しめるけんええぞ~。

広島市植物公園へのアクセスなど

広島県広島市佐伯区倉重3丁目495

 

  • 開園時間:9時~16時30分(入園は16時まで)
  • 休園日:毎週金曜(12月29~1月3日)
  • 入園料:18~64歳=510円、65歳以上&高校生=170円、中学生以下=無料
  • 駐車料金:軽&普通自動車=450円、中型&大型=1380円、自転車&バイク=無料
  • 電話番号:082‐922-3600
  • ホームページ:http://www.hiroshima-bot.jp/

 

日本庭園の梅の花

梅の木は入り口から近くの展示資料館のすぐ横と一番奥にある日本庭園の二か所に植えられとる。

先ずは一番奥の日本庭園へ向かった。

 

子連れで一番奥の日本庭園まで行こうとするととにかく難所が多い。

芝生広場の遊具の方へ行ってしまうと二度と他所へ行け連れん可能性が高いけん、それだけは阻止するために展示資料館横の梅は先ずはスルーした。

鯉が見たいじゃ、大温室の自動販売機のアイスが食いたいじゃ、食虫植物の大きな模型に入って遊びたいじゃ等の欲望の難関を乗り越えて何とか一番奥の日本庭園までやって来た時には既にかなり疲れとったが、梅の花を見て元気が出てきたわい。

子供らが日本庭園に行くような気分にどうやってさせるかというと「日本庭園には鯉やカメがおるけん見に行こう!」もしくは、ここからさらに奥に行ったところにあるシシオドシをネタに「かっぽん!を見に行こう!」と誘導するんが俺の常套手段じゃ。

上記手法はマネしてもろうてかまんけんの。

 

 

さて、日本庭園に到着。

和室横の白い梅の木。梅の花の見頃には少し早かったようじゃったけどそばを歩くとええ香りがしてくる。
広島市植物公園の梅の花

 

 

広島市植物公園の日本庭園と言えばこの松の”雪吊り”と梅の花が風流でええよの~。

写真を撮っとる間に子供はここを何周も走り回っとったわい。
広島市植物公園、梅の花と松の雪つり

広島市植物公園、梅の花と松の雪つり

広島市植物公園、梅の花と松の雪つり

 

 

この梅は八重寒梅(やえかんこう)という少し早咲きの梅じゃ。
広島市植物公園、八重寒紅

 

 

こちらは登竜梅(とうりゅうばい)。正式名称は”藤牡丹枝垂れ”と言う。

少し遅咲きの様。まだツボミが多かったけん満開の時も見てみたいの。華やかなんじゃろうの~。
広島市植物公園、登竜梅(藤牡丹枝垂れ)

広島市植物公園の梅の花

広島市植物公園の梅の花

 

 

池に映る登竜梅と錦鯉。

満開じゃったら絵になるじゃろうの~。
広島市植物公園の梅の花と鯉

広島市植物公園の梅の花と鯉

 

 

雪吊りしとる松のそばの白梅は満開で綺麗じゃった。
広島市植物公園の梅の花

 

 

日本庭園で梅の花を楽しんだ後はやはり芝生広場の遊具で子供が帰る時間になるまで遊びまくった。

展示資料館の横にある梅林には残念ながら帰る途中で少し見ただけ・・・

梅の木の数は日本庭園よりもこちらの方が遥かに多いぞ。階段を上っていくと斜面の上の方までびっしりと梅の木が植えられとる。
広島市植物公園の梅の花

広島市植物公園の梅の花

大温室「春の特別ラン展」

日本庭園に行く途中で自動販売機でアイスが食いたいと言われ立ち寄った大温室なんじゃけど「春の特別ラン展」では毎年趣向を凝らした飾り付けが行われとるけん梅の花目当てで訪れたとしても絶対に見た方がええぞ。

広島市植物公園の洋ラン

 

 

華やかの限りを尽くしたフォトスポット!
広島市植物公園の洋ラン

広島市植物公園の青いラン

 

 

これは子供が小さいうちは何度見ても興奮するバナナ。特別展は関係なしにバナナの木は植えられとるけんタイミングさえ合えば木に実ったバナナを見ることができるぞ。(他のフルーツの木も多数あり)
広島市植物公園、大温室のバナナ

広島市植物公園で二月に見れるその他の花達

二月になると花が咲き始める。スプリングエフェメラル!

 

 

この黄色い花はフクジュソウ。うらら池のシャクナゲ園の隣に咲いとるぞ。

写真にはないがすぐそばにはセツブンソウも咲いとったわい。

 

 

変わった形の花のマンサク。背景の黄色いのは実はロウバイの花じゃ。

遊具のある芝生広場の奥に咲いとるんじゃけど、マンサクとロウバイの花は背景と同化してわかりにくいけん花が咲いとるって気が付かれんことが多い。

 

 

植物公園の入り口入ったところにはずらーっとパンジー、ビオラの花が花壇に植えられとった。

広島市植物公園で見かけた鳥達

子供が芝生広場で遊んどる間は付近で鳥撮影しとった。

遊具で遊ぶ子供にカメラやスマホを向ける親の中で、俺は一人子供に背を向け林を観察。(子供もちゃんと見とるけどの!)

 

 

ジョウビタキは木の枝から木の枝へ飛び回っとった。

 

 

シロハラは地面を歩いて落ち葉をひっくり返しながら虫を探しとったかの?

 

 

アトリは遠かったけん何しとんかようわからんかったわい。

他にもヒヨドリ、メジロもおったけど写真には撮れず。

最後に

広島市植物公園は花も鳥も楽しめて子供が遊具で遊べるけんいつ来ても最高じゃの!レストランもあるけん飯も食える!

梅が終わると今度は桜が気になると思うが、広島市植物公園の桜は早咲きの寒桜や河津桜、おなじみのソメイヨシノ、遅く咲く八重桜と色々な品種が植えられとるけんかなり長い期間楽しむことができるぞ。

 

 

(星を押して評価してつかーさい)
悪い← 評価 → 良い
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中...

SNSでもご購読できます。

 

関連記事

 

コメントを残す


CAPTCHA