『縮景園』紅葉ライトアップ!水面に浮かぶ鏡像の世界へ!!

縮景園の紅葉、古松渓付近からの眺め

広島市中区にある国の名勝”縮景園”では紅葉ライトアップ~泉水の灯り~が行われとる。

庭園の中央に位置する濯纓池(たくえいち)の水面には、ライトアップされた紅葉が浮かび上がり鏡像の世界を造りだす。そして、その光景はあまりにも幻想的で美しかった。

息を飲み魅入ってしまう程の「黒と赤の世界」がこんなにも身近にあるとは・・・。余りに綺麗じゃったけん、二日連続で訪れてしもうたで~。

 

縮景園には今までアジサイの花を見に訪れた事があるんじゃけど紅葉の時期に来るのは初めて。想像を遥かに上回る美しい紅葉のライトアップに驚かされた。

夜は寒いとか言うとる場合じゃない!京都の紅葉が綺麗とか言うとる場合じゃない!!

広島を代表する名園、縮景園の紅葉を先ずは見に行ってほしい。

縮景園へのアクセス等

広島県広島市中区上幟町2−11

 

[縮景園ホームページ]

  http://shukkeien.jp/

[ライトアップ時の開園時間]

  • 11月17日~12月3日〓9時~21時(入園時間は20時30まで)

[通常時の開園時間]

  • 4月1日~9月30日〓9時~18時
  • 10月1日~3月31日〓9時~17時

[休園日]

  • 12月29日~12月31日

[入園料]

  • 一般〓260円
  • 高・大学生〓150円
  • 小・中学生〓100円
    (各種割引は縮景園のHP参照)

[駐車場]
(縮景園の入口の目の前に専用駐車場有。二輪は無料。)

  • 乗用車〓1時間まで310円、以降30分毎に160円加算
  • バス〓1時間まで620円、以降30分毎に310円加算
    (乗用車は県立美術館の駐車場も利用可。付近にコインパーキングも多数あり。)

 

”縮景園”紅葉ライトアップ~泉水の灯り~鏡像の世界へ

縮景園の入口”冠木門(かぶきもん)”をくぐると愛想のよいガードマンさんに受付を案内される。

料金を払い園内に進むと「もみじまつり」と書かれた紙をまとった投光器が出迎えてくれた。
縮景園、紅葉ライトアップ

縮景園、紅葉ライトアップ

 

 

とりあえず反時計回りに回ろうと園内を歩き、濯纓池まで来てみるとこの時点で既に絶景。跨虹橋(ここうきょう)の奥に闇夜に浮かび上がる真っ赤なモミジが見える。

モミジは実際にはまだ青い葉もあったんじゃけど、ライトの光の影響で全体が赤く輝いとった。

そういや、鯉って夜は寝るんじゃないんか?俺が行った時には元気に泳いどった。
縮景園、紅葉ライトアップ、跨虹橋

 

 

跨虹橋まで移動してモミジを眺める。綺麗・・・。美しい・・・。幻想的・・・。この世ではないような・・・。あとはえ~っと・・・。

まあええ。言葉は不要じゃのう。
縮景園の紅葉、跨虹橋付近からの眺め

縮景園の紅葉、跨虹橋付近からの眺め

縮景園の紅葉、跨虹橋付近からの眺め

 

 

祺福山(きふくざん)付近からの眺め。

アーバンビューグランドタワーと縮景園のライトアップ。街と日本庭園の融合もええもんじゃのう。
縮景園の紅葉、祺福山(きふくざん)付近

縮景園の紅葉、祺福山(きふくざん)付近

 

 

園路には照明があり、足元を照らしてくれる。とはいえ、夜道は見えにくいけん慎重に歩こう。池にドボンしたらこの季節は寒いどころじゃないけんのう。
縮景園の紅葉、祺福山(きふくざん)付近

縮景園の紅葉、祺福山(きふくざん)付近

 

 

古松渓(こしょうけい)からライトアップされたモミジを見ると、ため息が出るばかりじゃ。

紅葉の鏡像が圧巻の美しさ。

この記事の文章「美しい」ばっかりじゃの。連呼してしまう程に美しいけんしょうがない。
縮景園の紅葉、古松渓付近からの眺め

縮景園の紅葉、古松渓付近からの眺め

縮景園の紅葉、古松渓付近からの眺め

 

 

参りました・・・。広島でこれを越える紅葉のライトアップなんか皆無じゃろう。
縮景園の紅葉、古松渓付近からの眺め

縮景園の紅葉、古松渓付近からの眺め

縮景園の紅葉、夕照庵付近からの眺め

縮景園の紅葉、夕照庵付近からの眺め

 

 

写真撮りながらゆっくりと超然居(ちょうぜんきょ)付近までやってきたんじゃけど、ここからの眺めもまた素晴らしかった。美しい・・・。ブチ綺麗じゃ。
縮景園の紅葉、超然居付近からの眺め

縮景園の紅葉、超然居付近からの眺め

縮景園の紅葉、超然居付近からの眺め

最後に

俺の下手な写真見ても綺麗じゃとわかるぐらいに綺麗じゃろ?

実際の景色は言うまでもなく遥かに美しいぞ!

12月までライトアップは行われとるけん、縮景園の紅葉ライトアップに行ったことのない人は是非行ってみてくれ。これを見たことが無いのは非常に勿体ない。人生の損失じゃとすら思う。(あくまで個人の主観です)

漆黒に浮かぶ、真っ赤に紅葉したモミジを見た瞬間に寒さなんか忘れること間違いなしじゃ!(じゃけど防寒対策は忘れんようにの)

 

 

鏡像の世界を存分に楽しむなら、風の吹いとらん日に行くのがお勧め。紅葉のリフレクションワールドへ、レッツゴー!!

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA