縮景園の「アジサイ」、名勝は梅雨時も美しい!(広島市中区)

縮景園のアジサイ

国の名勝、広島を代表する庭園である縮景園(しゅっけいえん)の梅雨時は、アジサイが咲き誇りこれまた美しい。

アジサイの植栽数ではそれほどの規模でもないんじゃけど、普段あまり目にする事のないような様々な品種が植えられとるけん、アジサイのみを目的として訪れたとしても十分に楽しむ事ができるぞ。

素晴らしい庭園内を散策しながら季節の花を鑑賞・・・。

梅雨には梅雨の良さがある。歳をかさねたせいか、四季に対して感謝にも似た気持ちが湧いてくる。

縮景園へのアクセスや開園時間等

広島県広島市中区上幟町2−11

 

[縮景園ホームページ]

  http://shukkeien.jp/

[開園時間]

  • 4月1日~9月30日〓9時~18時
  • 10月1日~3月31日〓9時~17時
    (春と秋の夜間ライトアップ期間中は開園時間の延長あり)

[休園日]

  • 12月29日~12月31日

[入園料]

  • 一般〓260円
  • 高・大学生〓150円
  • 小・中学生〓100円
    (各種割引は縮景園のHP参照)

[駐車場]
(縮景園の入口の目の前に専用駐車場有。二輪は無料。)

  • 乗用車〓1時間まで310円、以降30分毎に160円加算
  • バス〓1時間まで620円、以降30分毎に310円加算
    (乗用車は県立美術館の駐車場も利用可。付近にコインパーキングも多数あり。)

 

縮景園を彩るアジサイ達

縮景園の入口、冠木門(かぶきもん)をくぐると、愛想の良い係りのオジサンが挨拶してくれる。

右手の受け付けで料金を支払い、園内を反時計回りに廻遊する事にした。

園内の中央にある濯纓池(たくえいち)には鯉が沢山おるけん、餌をやりたいなら1袋100円の餌も購入しておこう。

縮景園内でアジサイが植えられとる主な場所は、清風池、薬草園、美術館前芝生広場の周辺なんじゃけど、見ごたえがあるのは清風池と美術館前芝生広場の周辺じゃの。

 

 

先ずは清風池周辺のアジサイ。

清風池付近は色々な草木が覆い茂っとるけん、緑の密度が濃い。その濃い緑の空間中にアジサイも多数混ざって咲いとった。
縮景園のアジサイ

 

 

清風池の直ぐそばには東屋があり、椅子に座ってゆっくり景色を眺める事ができる。
縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

 

 

美しいアジサイ、珍しいアジサイに見入ってしまう。
縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

 

 

香菜圃(こうさいほ)の近くをウロウロしとったら猫が現れた。
縮景園のアジサイ

 

 

アジサイだけじゃなく縮景園の普通の風景もパチリ。濯纓池の跨虹橋(ここうきょう)は縮景園を代表する景色。

各施設の名前は漢字が難しい。フリガナ無しでどれくらいの人が正確に名前を言い当てれるんかのう。漢字が苦手な俺は・・・。
縮景園、濯纓池

 

 

俺が行った時は大潮の満潮じゃったけんか、濯纓池の水位がかなり上昇しとって遊歩道が水に浸かりそうじゃった。

中には、飛び石の上を歩く場所で完全に水没して歩行できんくなっとる所もあり、迂回した所も・・・。初めて来た人は驚くかもしれんのう。

京橋川から満潮時に水を取り入れとるらしいんじゃけど、取り込む水の量の制限はかけれん構造なんかの?

手が届きそうな所を泳いどる鯉さんは、気をつけんとニャンコに狙われるぞ。(デカいけん大丈夫か??)
増水した濯纓池と鯉

 

 

少し大きな水たまり位の有年場には、植え祭りで稲が植えられとった。

これくらいの面積なら植えるのが楽でええのう。と思うたんじゃけど収穫量が少ないか。
縮景園、有年場

 

 

いつ来てもアオサギがおるのう。ここの常連みたいじゃの。
縮景園のアオサギ

 

 

縮景園の景色をゆっくり楽しみながらぐるっと半時計周りに回り、美術館前芝生広場までやってくると多くのアジサイが出迎えてくれた。

俺も多くのカメラマンに交じりシャッターボタンを押す!押す!

美術館の中からこちらのアジサイを眺めとる人がおったんじゃけど、一部しか見れんじゃろうけん縮景園の中に入って観賞する事をお勧めする。
縮景園のアジサイ(美術館の前)

 

 

多くの人がアジサイを見て歓喜の声をあげる。海外からの観光客も多かった。

アジサイは英語ではHydrangea(ハイドランジア)なんじゃけど、その語源はギリシャ語で「水の器」という意味じゃ。勉強になったじゃろ。自慢げに誰かに説明してやろう。
縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

 

 

これは珍しい!マダラの斑入りアジサイ発見!

葉っぱが斑入りの物はよく見かけるんじゃけど、装飾花に、しかもマダラに斑が入っとるのは珍しいのう。

もしかして花が終わりに近づいて斑が入ったんかの?詳細は不明。来年は花が咲き始めに来て斑が入っとるか確かめてみるか。
縮景園のアジサイ

 

 

これも斑入りのアジサイ。斑入りはオシャレな感じがする。
縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

 

 

雨が降ってないのに水滴がついたアジサイが一輪あるのに気が付いた。

誰かが撮影目的で霧吹きを使ったとかなんじゃろうか?もしそうなら余りよろしくないのう。と思いつつもパシャリ。夜露である事を祈る。
縮景園のアジサイ

 

 

装飾花の縁が少しギザギザになったアジサイ。
縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

 

 

下から見上げて多少、ハイキー気味に露出を調整してみた下の写真。アジサイの雰囲気が変わってくるのう。
縮景園のアジサイ

縮景園のアジサイ

 

最後に

梅、桜、紅葉が有名で市内中心部で抜群のアクセスの良さを誇る縮景園なんじゃけど、珍しい品種のアジサイの花が楽しめるけん、梅雨時のお出かけにもお勧めじゃ。

今年は花の開花が例年よりも1,2週間どこも遅い様子。沿岸部のアジサイはピークは過ぎたようじゃけど、もう一週間ぐらいは楽しめそうじゃのう。

山奥や標高の高い場所は、やっとアジサイが咲き始めたばかり。次の週末は山奥へ行ってみようかのう。

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA