『三景園』もみじ谷が燃えるような紅葉に包まれていた!!(三原市本郷町)

三景園の燃えるような紅葉

三景園は広島空港のすぐ隣、三原市本郷町にある日本庭園じゃ。

6ヘクタールもの面積の敷地には、庭園の名前の由来である「山」、「里」、「海」をイメージした3つゾーンから構成されとって、四季折々に変化する景観が非常に素晴らしい。

園内に入ってすぐに目を奪われた”もみじ谷”の紅葉はまさに燃えるよう!色とりどりな紅葉の中に包まれるように存在する東屋を、遠くから眺めた景色が印象的じゃった。

パンフレットに書いてあったんじゃけど、「広島の空の玄関にふさわしい名園」まさにその通りの庭園じゃった。

三景園へのアクセスや駐車場

広島空港の隣って言うたら大体わかるよの。

広島県三原市本郷町善入寺64−24

 

駐車場は正門前にあるんじゃけど、全て身障者専用駐車場じゃけん、該当せん人は広島空港県営第1駐車場、広島空港県営第2駐車場、広島県立中央森林公園に車を止めてくれ。

三景園へ行くだけなら県営駐車場に車を止めるのが近いけんええじゃろう。

 

入口には注意が必要じゃ!!

三景園には正門、西門、北門の三か所に入口があるんじゃけど、イベント開催時以外は正門からしか入る事ができんけんの。俺が行った時は「もみじまつり」の期間の真っ最中じゃったけん、県営第2駐車場に車を止めて西門から入っていった。

まあ、花や紅葉が見頃の時期には何かしらイベントがあるようじゃけん大丈夫じゃとは思うけどの。

「もみじまつり」の祝、土曜日はライトアップもあるけん、興味がある人はホームページで確認してみるとええじゃろう。

  • 開園時間(4~9月):9時~18時
  • 開園時間(10~3月):9時~17時
  • 休園日:12月29、30、31の3日間のみ
  • 入園料:大人260円(イベント期間中は310円)
  • 入園料:小、中学生130円(イベント期間中は160円)
  • 問合せ:0848-86-9200(三景園管理事務所)
  • ペット同伴不可
  • 園内での飲食不可
  • 車椅子での散策可能(階段の無いコースをパンフレットに記載している)

三景園ホームページ:http://www.chuo-shinrin-koen.or.jp/sankei/sankei.html

 

”もみじまつり”期間中は園内の潮見亭、観月亭でご飯を食べる事ができる。

潮見亭は要予約で一日限定50食のエアポートホテル特性の「秋の味覚御膳」。観月亭はうどん、いなり、巻きずしなんかがあった。

俺は観月亭でうどんを食べたんじゃけど、席の数があんまり無かったけんそこそこ混雑しとったのう。長時間待つようなら広島空港で飯を食べるという手段もあるぞ。

近くには八天堂がやっとる”Hattendo カフェリエ”もあるんじゃけど、ここはかなり人気があるみたいで大混雑しとった。

 

 

三景園園内のマップも載せとこう。

現地で貰えるパンフレットには、わかり易い地図が記載してあるんじゃけど三景園のホームページには違うものが表示される。駐車場と三景園の位置関係もホームページ見ただけじゃわかりにくいけんもう少しなんとかしてくれるとありがたいんじゃけどのう。
三景園、園内マップ

何歳ぐらいまでかはわからんけど、子供には鯉の餌がもらえるみたいじゃ。うちの子供ももろうたぞ。

 

三景園

この庭園は、広島空港の開港を記念して1993年に造られた面積約6ヘクタールの築山池泉回遊式庭園です。

広島県は中国山地の南面に位置し、起伏に富んでおり、豊かな森林を背景に、数多くの渓谷があります。その谷間には、懐かしさを覚える山里が点在し、さらに海岸部には、宮島に代表される瀬戸内海の景勝地があります。

これらの風景を、日本庭園の手法を用いて、庭園化したものがこの庭園です。

この庭園は、三つのゾーンから出来ています。一つは、自然林を生かした山のゾーン、そこから高低差約14メートルの滝「三段滝」。次いで、里のゾーンには、竹林、梅林、ため池(里の池)、もみじ谷を配し、山里をイメージしました。もう一つの海のゾーンは、大海と中島群、橋、それに数奇屋風水上建築の庭園事務所(潮見亭)を配置しています。これは、宮島を連想した施設で、大海は、瀬戸内海を表したものです。このことから名称は山・里・海の三つの風景にちなんで「三景園」と名づけました。

この庭園の特徴は、約7000トンにも及ぶ広島県内産の自然石と空港工事で出た石を使っていることで、雄大な”庭園景観”を造っています。また植栽に用いた樹木は「山取り」といわれる造園の手法で、自然林から直接移植しました。「三景園」は広島の空の玄関にふさわしい名園といえるでしょう。

”三景園、パンフレットより抜粋”

三景園の燃えるような紅葉

県営第2駐車場に車を止め、空港分れ交差点の信号を渡るとすぐに西門があるんじゃけど、「もみじまつり」開催中につき、西門から入場が可能じゃ。

西門の目の前で既にモミジのこの紅葉。期待せずにはおれんのう。
三景園、西門

 

 

門を通過するとモミジのトンネルをくぐる。木によっては緑色の葉もまだ多いけん11月下旬くらいまでなら紅葉が楽しめるか。
三景園、西門

 

 

視界が開けると目の前には”里の池”があり、立派な鯉がようけ泳いどるの~。
三景園、里の池

 

 

”里の池”の反対側には三景園を広々と見渡す事のできる芝生の広場。

この日は簡易テントが設置されて特産品が販売されとった。
三景園を見渡す

 

 

とりあえず、三段滝を目指して山の方へ上って行ってみる事にする。

遊歩道沿いには小川があり、三段滝から流れてきたじゃろう水がとめどなくながれとった。三景園の紅葉

 

 

見上げるとこの景色じゃ。最高~。
三景園の紅葉

三景園の紅葉

 

 

三段滝の真下に到着!!じゃけど、木が覆い茂っとって滝が良く見えんかった。
三景園の三段滝

 

 

この後、滝見台に移動。ここから三段滝はここから眺めた方がええの。

白い服のカメラマンは滝の下で長時間撮影しとったけん、滝見台で記念撮影する多くの人の写真に一緒に写りこんどるハズじゃろう。我が家の記念撮影にももちろん無条件で参加となった。
三景園、滝見台より三段滝を眺める

三景園の紅葉

 

 

三段滝を後にして”観月亭(かんげつてい)”へ。ここからの眺めが素晴らしかった!

”もみじ谷”の紅葉は綺麗としか言いようがない。色づく木々の中にぽつんと建てられた東屋があることでこの空間の良さを引き立てとる気がする。東屋が”茅葺き屋根”じゃったら更に写真撮影枚数が増えたことじゃろう。
三景園の紅葉

 

 

赤、オレンジ、黄色、燃えるように様々に色付いた紅葉に囲まれた東屋。紅葉の時期の三景園に来れてほんまにえかった。
三景園の燃えるような紅葉

 

 

下の写真左側の建物は”潮見亭(ちょうけんてい)”、そして目の前に広がる大きな池は”大海(おおうみ)”。ここからは三景園が一望できる。
観月亭から眺める大海と潮見亭

 

 

続いて”観月亭”から”用倉峠(ようくらとうげ)”までやってきた。

ここから奥にあるのはアジサイ、ボタン、フジ、ショウブじゃけん今行ってもしょうがないじゃろうと言うことで、階段を下に降りて”もみじ谷”を目指す事にしたんじゃけど、階段の途中の紅葉が中々素晴らしかった。
三景園の紅葉

三景園の紅葉

三景園の紅葉

三景園の紅葉

三景園の紅葉

 

 

”大海”の中の小島に架けられた橋を渡り、モミジ谷を目指すんじゃけどこれまた絶景、ええ眺めじゃ~。日本庭園ってやっぱええのう。
大海からもみじ谷を眺める

大海、潮見亭

大海の水面に写るモミジ

 

 

”もみじ谷”の東屋付近からの眺め。目の前に広がる真っ赤に紅葉したモミジ達。

俺が通った時は東屋は観光客で混雑して写真が撮れる状況じゃ無かったけん、外から撮影。それでもこの景色。

写真の下に写っとる黒い長方形の器具はライトアップ用の照明みたいじゃ。夜も来てみたいんじゃけど寒さに耐えれるか・・・。
もみじ谷の東屋から美しい紅葉の眺め

 

 

真っ赤に紅葉したモミジもええけど、色付き始めの赤と緑のグラデーションも趣があってええのう。
もみじ谷の紅葉

 

 

”もみじ谷”から反時計回りで”潮見亭”を目指す。ここにも真っ赤な紅葉が。

舞台?の上ではバンドの演奏が行われとって賑やかじゃった。
三景園の紅葉

 

 

水面に写る風景。池があるってええのう。
三景園の紅葉

 

 

もう秋じゃけど、鯉もまだまだ元気じゃ。
三景園の立派な鯉

三景園の紅葉

三景園の紅葉

 

 

もう一回ぐるっとまわって再び”もみじ谷”を通ってから帰路に着いた。しかし、ええ眺めじゃのう。
三景園の紅葉

 

 

モミジをバックにサザンカ?の花。
三景園の紅葉とサザンカ

三景園の紅葉

 

最後に

三景園はモミジの紅葉も素晴らしかったんじゃけど、山あり、谷あり、川あり、そして池もあり最高の日本庭園じゃった。

梅、アジサイ、ボタン、フジ、ショウブの時期もまた訪れてみたいのう。

 

 

”潮見亭”におる時に記念撮影を人生の大先輩から頼まれた。

5、6人のグループじゃったんじゃけど、快く依頼を受けてカメラを受け取って驚いた!そのカメラはなんとも年季の入ったフィルムカメラじゃった!

フィルムカメラのシャッターボタンを押すのなんか10年以上ぶりじゃけん緊張したのう。撮った写真を直ぐに確認できんのは少し不安になったんじゃけど、念の為2枚撮らせてもらったけん、まあ大丈夫じゃろう。

何年前に造られたカメラかさっぱりわからんけど、物を大事にするって素敵じゃの。

 

 

帰りには、県営第2駐車場のすぐ隣にあった”Hattendo カフェリエ”にも寄ってクリームパンをGET!

下の写真は八天堂の工場。見学もできるみたいなけん今度行ってみようかの。”Hattendo カフェリエ”はこの建物の隣にある。
広島空港に隣接する八天堂

 

いや~三景園の紅葉えかったぞ。

元気があったら広島県立中央森林公園にもよって飛行機も撮りたかったんじゃけど、三景園で歩きまわって疲れたけんまた次回~。

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA