スリップ前に!雪道の運転で非常時にはタイヤの空気圧を調整!!

うちの家は山の上にあるんじゃけど、年に数回は雪が積もる。先日も大雪じゃた。

家は標高約100Mの場所にあるんじゃけど、坂の急な場所があって雪が降ったら上まで登れんようになる車が必ず数台おる。

坂の途中でスリップして登れんくなった車は何とか路肩に寄せてそのまま放置。どうやらそこからは皆、歩いて家まで帰っとるみたいじゃ。寒い中、御苦労・・・

翌日の昼ぐらいには大体は降った雪が解けとるけん、放置された車は昼ごろには殆どがおらんくなっとる。

雪が降って車を運転しようと思った時に

  1. 車に乗らない
    まあこれが一番無難よのう。ほんまに出かける必要があるんか?その用事は明日でもえんじゃないか?食糧がない?飯なんか一日位食わんかっても死にゃーせんわい。じゃけん我慢せい!
    どうしても出かけるんなら雪対策をバッチリしとるタクシーかバスに乗った方がええぞ。事故して車修理する事を考えたら、タクシーやバスの方が金も時間も結局は「お得」。
  2. タイヤチェーンを装着する
    チェーン最強じゃ!どうしても雪道を走る必要がある場合はしょうがない。チェーンをつけよう。装着するのは面倒臭いし、車走らせたらガタガタうるさいんじゃけど、雪道走行でこれ以上の安全なツールは他には無い。
    最近は細い亀甲型のチェーンや非金属のタイヤチェーンもあるけん、昔のチェーンに比べたら乗り心地もかなり良くなっとる。
    ★Amazon車用タイヤチェーン の売れ筋ランキング★

  3. スタッドレスタイヤを履く
    雪が降っても出かけたいしチェーンつけるのは嫌じゃ言う人はスタッドレスタイヤを履いとけ。今はほとんどの人がスタッドレスタイヤを選択しとるのう。
    じゃけど、過信は禁物!深い雪ではスタッドレスタイヤでは走行不能になることがあるけんの。

 

うちの近所では必ずノーマルタイヤで雪道を運転して動けんくなる車を見かけるんじゃけど、ノーマルタイヤで雪道走るのは危ないし、一番まずいのが事故して他人を巻き込む事じゃ。非常に危険な行為を自分がしとる事に気がつけや。

冬用タイヤ規制を高速道路だけじゃなくて一般道でもやってくれたらええのにのう。自治体単位では罰則があるみたいじゃ。

そろそろ、本題に入るか。

 

 

タイヤの空気圧を下げるとグリップ力が上がる!

チェーンがあったら滑る事は無いんじゃけど、スタッドレスタイヤを履いとってなお且つタイヤチェーンを持っとる人はかなり少ないと思う。路面状況やタイヤの劣化具合によってはスタッドレスタイヤでもスリップしてしまうような場合もあるじゃろう。

例えば平地で雪のワダチにハマってスリップしとる場合なんかはタイヤの下に何か敷けば、グリップが多少回復して抜け出す事ができる。板切れや、タオルなんかでも効果がある。敷けそうな物が車に何もない場合でも、車のフロアマットを敷けばワダチから脱出できる可能性が非常に高くなる。

じゃけど、連続する登り坂の途中じゃとこの方法では上り坂のピークまでたどり着くのにブチ時間がかかってしまう。いや、タイヤの下に敷いたフロアマットがボロボロで再起不能になってピークまでたどり着けんかもしれん。

この状況を根本的にその場で解決するにはタイヤのグリップ力を上げてやる必要がある。
そのソリューションが、「タイヤの空気圧を下げる」という事じゃ。

殆どの人が知識としては知っとるとは思うんじゃけど、空気圧を下げる事によって路面とタイヤの接地面積が増えてグリップ力が増加すると言う単純な話。なのに何故か雪道でタイヤを空転させとる人はタイヤの空気を抜こうとする人はほとんどおらん。

多分、焦って頭が真っ白になっとるんじゃろうの。
この記事を読んだ人には、「タイヤの空気を抜けば脱出できるかもしれん」と言う事を頭の片隅にでも覚えといてもらいたい。

あと、可能であればスリップした場所から少し車を動かすのがええぞ。タイヤが空転しだした個所はタイヤに磨かれて雪面がツルツルになり、摩擦がほとんど無くなってしもうとることもある。違う位置からリスタートすれば車が動く様になる事もある。

 

タイヤの空気圧を下げる

さて、実際に空気圧を下げる時にはどうしたらええか。
俺は携帯できるゲージ付きフットポンプを持っとるけん、それで空気圧を確認しながら「シューーー」。

危険が危ないデンジャーと感じたら俺は「転ばぬ先の杖」で空気圧を1.2kgf/cm2位に設定する。
どれくらい空気圧を落とすかは車種や状況によって変わるんじゃけど、指定空気圧の60%以下にはせんほうがええじゃろう。(この数値は完全に俺の勘じゃけん自己責任での)

空気圧を下げるとタイヤの偏摩耗、燃費の悪化、ハンドルも取られる様になるし、パンクのリスクも高くなる。下げ過ぎると最悪、タイヤがビードから外れる可能性も・・・無い事はない。ゆっくり走行すればとんでもない衝撃が運悪く無い限りはタイヤが外れる事はないじゃろうけどの。

タイヤの空気圧を落として危険個所を脱出できたら、すぐに適正空気圧に戻そう。
空気入れ(フットポンプ)

 

 

人力で空気を入れるなら断然、フットポンプが楽。 じゃけど、車に空気入れを載せとる人はそんなにはおらんじゃろうの。 空気入れを載せるのはちと大げさじゃと思うなら、ケージだけならそこまでかさばらんで。

ゲージがあれば非常時に、タイヤの空気を4本均等に抜ける。後は安全な所まで来れたらガソリンスタンド等で空気を入れればええ。

タイヤゲージは数百円で買える。

 

タイヤの空気を無理やり下げる方法

空気入れやエアゲージが無くてもタイヤの空気圧を下げる方法がある。
緊急時の時の為に覚えておくとええじゃろう。

エアバルブのキャップを開け、真中にあるロッドを押すと空気が抜ける。
工具や細い棒があったらそれで突けばええけど、無ければ鍵の先端で突いても空気を抜く事ができる。何も道具がない場合でも、道路に落ちとる細い木の枝とかでも空気を抜く事は十分可能じゃ。鍵なんかも形状によっては使える可能性がある。

ただし、ゲージが無いと空気圧が今どれくらいか解らんけん抜き過ぎには注意する事。

う~ん、やっぱエアゲージ位は車に載せとった方がえんじゃないか?小さいし安いし。

応急処置でタイヤの空気を抜く

車のキーでエアバルブのロッドを突いて空気を抜く事が十分に可能じゃ

 

最後に

雪の日には出歩かんのが一番じゃけど、出先でタイヤがスリップしだしたらとりあえず「タイヤの空気圧を下げる」という事を頭の片隅にでも覚えておいてくれ。

少しでも運転が不安じゃったら出発する前に先ず、タイヤの空気圧を下げてから車に乗るのがベストじゃろうの。それと、下げた空気圧を後で元に戻すのを忘れんようにの。

どうにもならん時はやっぱりJAFが頼りになるで。転ばぬ先の杖じゃのう。

JAFのサービスでドライブを快適に!

 

 

雪が降ろうが出かけんといかん人は、タイヤチェーンを必ず携帯しとこう。何年も使えるし、数千円で安心を買えると思うたら安いもんじゃろう。

スプレー式タイヤチェーンていう吹き付けるだけで滑り止めっていう凄い商品もあるんじゃのう。

なんと使い捨てじゃけど、超コンパクトで携帯性に優れた滑り止めがあった!トランクに忍ばせとくにはコレええかも。
殆ど全てのタイヤサイズに対応可能のようじゃけん、自分用にはもちろんじゃけど、困っとる人がおったらこれを使わせてあげることもできるのう。
ただし、この手の簡易タイヤチェーンは、ホイールの形状(鉄ホイールは多分ダメ)やディスクブレーキキャリパとホイールのクリアランスによっては取り付けれんことがあるかもしれんけん、自分の車のホイールをよくチェックしてから購入すべし。

これもコンパクトで良さそうじゃの。あくまで緊急用としてならこういうのでもええよの。

これは緊急用のコンパクトタイプのタイヤチェーンの中では少し大きめじゃけん、グリップ力が多少上がるかの?

ビックリの布製の滑り止め!信じれんが、レビューを見るとこれも滑り止めにはかなり有効な商品の様じゃの。 走行時に振動や音がせんのが魅力的じゃ。

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA