遊べる牧場!久保アグリファームとwondermilk FALO(佐伯区湯来町)

久保アグリファームは広島市佐伯区湯来町にある牧場で、砂谷牛乳の原料となる生乳を作っとる農場の一つじゃ。

なんとこの農場は、フラッと予約もせずに気軽に牛を見に行けて、牧草が生えとる広大な敷地内で自由に遊ぶ事ができる。しかも無料!!受付とかも特に無いけん、車を駐車場に止めたら自由に中に入って牛舎の牛を見学させてもらえる。(初めて行った時は「ここ、勝手に入ってえんか?」と少し戸惑った。)

自由に見学できて、遊べる言うても「これより先は立ち入り禁止」のルールとかはきちんと守ろうの。農場や牛さんや他の観光客の迷惑にならんようにせんといかんぞ。

さて、ええ子にできる子は久保アグリファーム、牛パラダイスにレッツゴーじゃ!牛とヤギとウサギと大草原とwondermilk FALOのジェラートが待っとるで。

※2017年7月21日にアルトピアーノはwondermilk FALOとなり、新しくオープンした。

久保アグリファームへのアクセス

広島県広島市佐伯区湯来町大字白砂1207−2

 

久保アグリファーム

HP〓http://www.kuboagrifarm.co.jp/
FB〓https://www.facebook.com/MuChangjeratonoDianArutopiano/
営業時間 〓11:00~17:00
定休日〓火曜
電話番号〓0829-86-0337

 

広島市の中心部から久保アグリファームまでは約25kmで車で40分といったところ。広島西バイパスを五日市で降りて湯来温泉方面を目指して行ったらその途中に久保アグリファームがある。

県道41号線を進んで行き、魚切りダムを過ぎると国道433号線に切り替わり、コンビニのセブンイレブンが左手にある。直進していくと川沿いの曲がりくねった道になり、そこを過ぎると左手に今度はポプラがある。

ココまで来ると牧場はすぐそこじゃ。ポプラから約850m進んだ所で道路標識に「ミルクロード」と記載が有るT字路を左折。このT字路には有名なパン屋兼カフェの「麦浪」がある。

国道433号線を離れて約180m進むと「ミルクロード入口」、「ジェラート工房」の看板が有りまた左折。道なりに約750m進むと久保アグリファームに到着じゃ。

駐車場は第一、第二、第三駐車場まであるんじゃけど、俺が行った時には満車になって車が止めれんと言う事は今まで無かった。第一駐車場に止めるのが全ての施設に近いけん良い。(久保アグリファーム農場内マップで確認してくれ)

たまに第三駐車場まで車で埋まる事があるんじゃけど、そうなったら牧場の見学者はかなりの人数となり、アルトピアーノのジェラートを求め、もの凄い行列ができたりもする。午前中に行くと比較的人は少ない。

 

久保アグリファームの広大な牧草地

久保アグリファームに到着すると先ず目に飛び込んでくるのが、牛の様に塗られた何か(ほんま何じゃろ?)と創始者の故・久保政夫さんの銅像。ちなみに牧場内の自動販売機も牛模様じゃった。
久保アグリファーム入口

 

銅像の牛ろ(後ろ)には薪が積まれとって牛の絵が描かれとるけん、子供と記念写真を撮ろうや。
久保アグリファーム牛の絵

 

そのまま進むといきなり目の前に大草原がドーン!!
初めて行ったら一瞬、「ここ広島か!?」と思うこと間違いなし。広い!
久保アグリファーム大草原

久保アグリファーム大草原

久保アグリファーム大草原

久保アグリファームと阿弥陀山

 

広大な牧草地で皆、思い思いに楽しんどる。キャッチボールやバトミントンや凧揚げ、簡易テントを張ってのんびりリラックスしとる人もおったの~。子供の笑い声の響く大草原で寝そべるのは最高じゃ。

人が少々多くても、それ以上に牧場の牧草地が広いけん全く気にならん。フカフカの草の上を子供と鬼ごっこして走りまわるだけでも楽しいし、草の上ならこけても全く痛くないで。うちの子供はわざとコケまくっとった。

食べ物を持ってきてここでゆっくりランチを食べるのもええじゃろう。草原にレジャーシート広げてもええし、牧場内にはベンチが多数あるけんそこに座ってもよし。ただしゴミはきちんと持ち帰ろう。

 

久保アグリファームの牛舎を見学

子供をおっかけて牧草地を走りまくってヘトヘトの状態で牛舎に牛を見に行った。

子供が「牛さんにご飯をあげる!」と言って草をちぎって持って行ったんじゃけど、いざ牛を目の前にすると牛が大きくて怖くなったらしい。ご飯をあげる事はできんかった。

至近距離で見る牛は非常に大きい。俺でもちょっとビビったけんのう。じゃけど、中には物怖じせん子供もおって、牛舎内に落ちとる牧草を拾ってどんどん食べさせとった。

牛舎内の牛は人間が近くに来てもおとなしくのんびりしとる。よう解らんがそれが普通かの?傍らにはヤギがおったりウサギの入ったケージもある。

牛舎内の牛達

 

牛舎中央、大人の牛の後ろには生まれて間もない子牛がうずくまっとった。赤ちゃん牛というても結構大きいの。じっとこっちを見とる姿は中々、可愛らしいもんじゃ。
子牛

 

コレは生まれて少し時間が経った子牛かの?麻の袋がお洋服じゃ。
子牛

 

アルトピアーノでジェラート (※2017年、店舗変更となった)

※2017年7月21日にアルトピアーノはwondermilk FALOとなり、新しくオープンしたけんの。新店舗については下の項で追記しとる。

 

さて、続いてはお楽しみのアルトピアーノ

アルトピアーノは久保アグリファーム内にある牧場直営のジェラート工房で、卵は一切使用せずにここの牧場で採れた搾りたての生乳を使用してジェラートを作っとる。ズバリ!美味い!!

ジェラートの種類は下記で、季節限定商品もあったりする。

  • まーさんのミルク
  • 抹茶
  • きなこ
  • イチゴ
  • 酒かす
  • チョコレート
  • ラムレーズン

 

牛がのぞき見るほどの美味さのアルトピアーノ。
アルトピアーノ

 

晴れた日にこんなロケーションで食べるジェラート&ソフトクリームは最高、至福のひと時じゃ。どっちを食べても美味いで。俺は両方食べたけどの。下の写真はソフトクリーム。
アルトピアーノのソフトクリーム

 

ホームページの説明を見ると、ジェラートを食べたくなるし、牛乳も飲んでみたくなる。こだわった物を口にしたくなるのは自然な事じゃ。ジェラートはオンラインショップでも購入可能。詳しくはホームページを見てくれ。

■生乳の質で味が決まります■
砂谷牛乳創始者である久保政夫は『搾りたては満月、時間が経つほど欠けていく』と言いました。
久保アグリファームの敷地にあるのが砂谷牛乳の工場。生産地と加工地が隣接していることが、低温殺菌牛乳を可能にしています。

■低温殺菌へのこだわり■
低温殺菌とは、65℃で30分かけて殺菌する方法で、酪農の本場ヨーロッパでは主流です。日本では多くの場合、120~135℃の高温で1~3秒間熱して殺菌する方法が採用されています。当然、低温殺菌の方がタンパク質の変化が少なく、牛乳本来の味を楽しめます。
低温で殺菌するには、もともとの殺菌数が少なく、鮮度が高くて良質な生乳でないと難しいのです。生乳は鮮度が生命線。健康で幸せな牛の乳でなければ、品質は確保できません。

■ジェラート「まーさんのミルク」■
アルトピアーノのイタリアンジェラート ミルク久保正彦(まーさん)が自家栽培のサイネージで育てた乳牛から搾ったミルクを使っています。ミルクは低温殺菌しているので、タンパク質の変化が少なく、牛乳のそのままの美味しさをぎゅっと詰め込んだジェラートに仕上げています。
ミクル本来の美味しさを味わって頂くため、卵など余計なものは使用していません。牛乳100%のジェラートをお楽しみください。

久保アグリファームのホームページより抜粋

 

アルトピアーノに大行列ができて待ち時間が長そうな時は、久保アグリファームからすぐ近所にある「空口ママのみるく工房」で、ミルクジャムのソフトクリームを食べるのもお勧めじゃ。

 

遊具とファームショップもあるで

ジェラート工房アルトピアーノの後ろには遊具とファームショップがある。

 

遊具はちっちゃい子向け。
久保アグリファームの遊具

 

ファームショップでは牛乳や乳製品、地元の特産品などが販売されとる。
久保アグリファームのファームショップ

 

ファームショップの隣の部屋は休憩できる様なスペースがあるんじゃけど、ここの室内灯がええ感じじゃ。牛についての資料も展示しとるけん、興味がある人は読んでみよう。
IMG_3330

IMG_3331

 

乳搾り体験やバター作りも体験できる(要予約)

  • 乳搾りは20名以上で一ヶ月前の予約が必要。料金は一人500~600円。
  • バター作りは何と1名からOK!7日前の予約が必要。料金は一人500円。

乳搾りは20名以上の参加が必要じゃけん人数集めが大変じゃけど、バター作りは一人でも大丈夫じゃけん自分とこの家族だけでも行けるの。今度、子供とバター作りに行ってみるか。

 

新しいカフェ「wondermilk FALO」がオープン!(2017/08/31追記)

2017年7月21日に新しくオープンした「wondermilk FALO」に行ってきた。

外観はかなりオシャレ。ジェラートのチケットを店外の券売機で購入してから店内のカウンターで欲しいジェラートを注文スタイルに変更されとった。

新しい店舗ではバケットサンドも提供されるようになった。コーヒーもあるぞ。

wondermilk FALO

 

 

店内ももちろんオシャレ~。室内で食べれるように座席のスペースも用意されとるけん、暑い日はクーラーの効いた店内でジェラートをゆっくり食べる事も可能じゃ。

俺が行った時は店内はほぼ満席状態の人気っぷり!
wondermilk FALO

 

 

ジェラートは食べかけの画像で失礼!食べるのに夢中で写真撮るの忘れとった。味は・・・、まあ説明不要じゃろうがいつも通り美味かったぞ。
wondermilk FALO

久保アグリファームに新しくオープンした「wondermilk FALO」のおかげで益々、魅力的な場所になったのう。

 

最後に

国道433号線を通っとる時には少し入った所に、まさかこんな空間があるとは全く想像できんかった。行ってビックリ、大草原が広がる素晴らしい景色と美味いジェラートと牛。湯来温泉の行きや帰りにフラッとよってもええじゃろう。

湯来方面は見所が沢山あるけん、一日中遊べるで。渓谷とかカフェとか郷土料理とか湯来温泉とかの。

 

直ぐ近くの阿弥陀山からは久保アグリファームを見渡す事ができる。瀬戸内海もギリギリ見えるで。阿弥陀山の林道は道も狭いし、倒木や落石があったり猪も出るけん行く人は安全運転での。

IMG_3332

 

 

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA