大迫力!!多々羅大橋の夜景を生口島(瀬戸田)から望む!

生口島(瀬戸田)から多々羅大橋の夜景

しまなみ海道にある多々羅大橋は、広島県の生口島と愛媛県の大三島との県境にかけられとる橋じゃ。

以前、大三島側から見た多々羅大橋の記事を書いたんじゃけど、今回は反対側の生口島に橋の夜景を撮りに行ってきた。

生口島の周囲を周るようにつけられた国道317号線は、多々羅大橋の真下を通過しとるけん、ここを通るとすぐ目の前に大迫力の多々羅大橋を望むことができる。

しまなみ海道で橋と一緒に記念写真を撮るのなら、この場所が最も橋の迫力が出るじゃろう。

生口島(瀬戸田)の多々羅大橋の撮影場所へのアクセス

広島県尾道市瀬戸田町荻

 

しまなみ海道のICは少し特殊で、「島内にICが二か所あるが島に降りれるのは一か所だけ」とか、「このICからは本州側へしか行けない」とか、「このICからは四国側へしか行けない」と言うような構造じゃけん注意してくれ。

下調べせずに「島にICが二つあるけん、目的地が近い方で降りよう!」と思うとったら大変じゃ!

行ってみたら目的地の近くのICは降りれんくて、次の島で一旦しまなみ海道を降りて、再びしまなみ海道に乗りなおしてUターン・・・。なんて事になったらさえんけんの。

 

さて、今回の撮影場所に行くにはなんじゃけど・・・。

広島県側から向かうなら、”生口島北IC”でしまなみ海道を降りる。愛媛県側から向かうなら”生口島南IC”で降りる。

”生口島北IC”から向かう場合は、島を時計回り(約10km)でも反時計回り(約13km)でもそんなに走行距離は変わらんけん、どちらからでも好きなルートで行けばええじゃろう。

ただし、”生口島北IC”から島を時計回りで多々羅大橋まで行く場合は、その間は全くコンビニ等の店がないけん、何か買う予定の人は反時計回りのルートを通った方がええぞ。

”生口島南IC”で降りた場合は、島を時計回りで行くのが圧倒的に早い。

 

車やバイクで行った場合の駐車場なんじゃけど、橋のすぐ近くで国道317号線の山側の路肩が車を止めれるくらい広くなっとる場所があるけん、そこに止めればええじゃろう。

なんぼ田舎道じゃいうても走行車線上には車を絶対に停車せん方がええぞ。夜は暗くてよく見えんけん特に危険じゃけん、必ず路肩への。

 

生口島から多々羅大橋の夜景

3月になったとはいえ、海沿いの国道は日が沈むとかなり寒い。

誰もおらんじゃろうと思うとったら先客あり。俺はその人とは少し距離をとって撮影を開始した。

 

国道317号線には街灯が少ない。

俺ともう一人のカメラマンは丁度、街灯の無い海側の歩道で撮影しとったんじゃけど、その最中に車が数台通過した。

真っ暗闇の海沿いの遊歩道に立つ男二人をみてドライバーはどう思ったんじゃろうか。

驚かせたんじゃったらすまんかったのう。

 

日没直後のマジックアワーで夕焼け空のオレンジと、ライトに浮かび上がる多々羅大橋を写真に撮りたかったんじゃけど、露出の設定が中々難しい。どうすりゃえんじゃ?

カメラの限界?それともカメラマンの腕の問題か??

俺もそろそろ「RAWで撮って編集」の勉強をせんといかんのう。今はJPEGのみ。
生口島(瀬戸田)から多々羅大橋の夜景

生口島(瀬戸田)から多々羅大橋の夜景

 

 

ホワイトバランスをいじって少しクールな印象に。
生口島(瀬戸田)から多々羅大橋の夜景

 

 

橋脚が「どーん!!」橋が目の前にあるけん、迫力が凄いぞ。

しまなみ海道の中じゃと多々羅大橋が一番カッコええかもしれんのう。なんとも素晴らしい斜張橋じゃ。
生口島(瀬戸田)から多々羅大橋の夜景(少しアップで)

 

 

撮影した日は雲一つなく満点の星空が広がる最高の景色じゃった。

解りにくいんじゃけど、下の写真にはの空に無数の星が写っとるぞ。
生口島(瀬戸田)から多々羅大橋の夜景

 

最後に

生口島には平山郁夫美術館、耕三寺、瀬戸田サンセットビーチ、しまなみドルチェ、高根島、レモン谷等の観光地がある。

写真を撮るなら耕三寺かサンセットビーチが次はええかもしれんのう。

しまなみ海道を撮りまくるぞ!!

 

 

【るるぶトラベル】空室在庫が豊富!宿泊とセットでレンタカーや航空券が探せる!

【楽天トラベル】楽天会員ならポイントが溜めれてお得!

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA