ここは極楽か!?右平『花園の里』でシャクナゲに囲まれる!!

右平『花園の里』、山小屋付近のシャクナゲ

右平『花園の里』は15000本ものシャクナゲが植えられとる花園で、おそらく中国地方ではシャクナゲの最多植栽数を誇る。

特に園内にある山小屋の南東側に植えられたシャクナゲの密度が凄まじく、これを見た人が「まるで極楽に来たようだ」と思わず言ってしまう程じゃ。

山小屋にたどり着き、圧倒的な量のシャクナゲの花を目の当たりにした俺の頭の中には、やはり「極楽」の二文字が浮かんできた。

右平『花園の里』へのアクセス

広島県広島市安佐北区安佐町飯室右平606

 

【右平「花園の里」】

  • 開園時間:10時~17時(3月下旬~6月末)
  • 入園料:500円(小学生以下無料)
  • 駐車場:50台(無料)
  • 電話番号:082-835-3350

【観賞できる花達】

  • 桜:3月下旬~4月中旬(約200本)
  • シャクナゲ:4月下旬~5月中旬(約15000本)
  • カルミア:5月中旬~6月上旬(約150本)
  • エビネ:4月中旬~5月中旬(約2500株)
  • アジサイ:5月下旬~6月下旬(約5000株)

 

花はその年により開花状況が異なるけん訪れる際には電話で確認してから行く方がええじゃろう。残念ながら現在の所、園のSNSやWebサイトは無い。

 

国道191号線から細い道を約2km進むと花園の里なんじゃけど、道路の幅が結構狭いけんゆっくり安全運転で。

アジサイを見にここへ訪れた時の記事に花園の里までの道のりの写真を載せとるけん気になる人はどうぞ。

 

15000本のシャクナゲが咲き誇る右平『花園の里』、圧倒的なシャクナゲの密度!!

国道191号線から脇道へ入り、アスファルトの細い道をしばらく上っていくと右手に花園の里の入口が見える。

ここからは未舗装の緩い上り坂になるんじゃけど、既にシャクナゲの花があちこちに咲いとって期待が膨らむ。

坂を上りきった所でカーブを左に曲がって少し進むと道が開けて広くなり駐車場に到着じゃ。

 

 

駐車場の周りのシャクナゲの間を抜けて奥へと上がっていくと大きなもみのきの下に”山小屋”がある。

樹齢4、500年にはなる”もみの木”に守られるようにたたずむ山小屋はなんとオーナーの佐々木さん自らが建てたという。
右平『花園の里』の山小屋

右平『花園の里』、傘形もみの木

右平『花園の里』、山小屋付近のシャクナゲ

 

 

山小屋の中に入って入園料の500円を払う。

そして、その山小屋から見えるシャクナゲの絶景がこれじゃ!こんなにもシャクナゲの花で埋め尽くされた空間初めてみたぞ~。
右平『花園の里』、山小屋付近のシャクナゲ

 

 

凄いとしか言いようがない。目の前がシャクナゲの花で埋め尽くされとる光景はまるで極楽に来たかのように非日常的な空間じゃ。

窓ガラスに映るシャクナゲリフレクション。

うどんやワサビ寿司などの軽食が販売されとるけん、外の席でシャクナゲを観賞しながら食べる事もできるぞ。

山小屋の骨組みの鉄骨や丸太の椅子、テーブルもオーナーが作られたそう。
右平『花園の里』、窓ガラスに映るシャクナゲ

右平『花園の里』、机に映るシャクナゲ

 

 

シャクナゲに見とれとると、親切に従業員の方がお水を出してくれた。神仙水という湧き水なんじゃけど、この日は日差しが強く暑かったけんありがたかった。
右平『花園の里』、神仙水

 

 

圧倒的なシャクナゲ感!!
右平『花園の里』、山小屋付近のシャクナゲ

右平『花園の里』、山小屋付近のシャクナゲ

右平『花園の里』、山小屋付近のシャクナゲ

右平『花園の里』、シャクナゲ

 

 

山小屋から少し上がった場所には樹齢700年と言われとる夫婦杉があるけん行ってみる事にした。
右平『花園の里』、樹齢700年の夫婦杉までの道のり

 

 

杉林の中をゆっくりと足元に気をつけながら登る。
右平『花園の里』、樹齢700年の夫婦杉までの道のり

 

 

夫婦杉までどれくらいかかるんかわからずに登って行ったんじゃけど、なんと5分で到着。

樹齢700年にしては少し幹が細い気もするが、それでも周りの木と比べるとかなり大きく全く別の存在感がある。

ちょっと登ればここまで来れるけん、花園の里へ来たら夫婦杉も見に行くとええじゃろう。
右平『花園の里』、樹齢700年の夫婦杉

 

 

夫婦杉から山小屋まで戻り、今度は駐車場付近のシャクナゲを見る事にした。
右平『花園の里』、シャクナゲ

右平『花園の里』、シャクナゲ

 

 

石垣とシャクナゲの花が何ともええ感じじゃのう。
右平『花園の里』、石垣とシャクナゲ

 

 

この花園の里は元々は人の暮らす集落じゃったけんあちこちに石垣がある。

花と緑と石垣が作る山奥の秘密の花園じゃのう。
右平『花園の里』、石垣

右平『花園の里』、シャクナゲ

右平『花園の里』、石垣とシャクナゲ

 

 

園内にはあちこちに水路があり、ワサビが生えとった。ワサビの葉は200円で販売しとるんじゃけど、来園者が多いとすぐに売り切れてしまう。俺は昼過ぎに行ったんじゃけど既に売り切れとった。

ちょっと手を加えて酒のつまみにするのがよさそうじゃのう。
右平『花園の里』、葉わさび

 

 

シャクナゲの陰にひっそりと咲くシャガ。
右平『花園の里』、シャクナゲとシャガ

右平『花園の里』、石垣

右平『花園の里』、シャクナゲ

 

 

駐車場から入口の方へ少し歩くと上に登る遊歩道があったけん登ってみる事にした。

どうやら城跡や東屋があるらしい。
右平『花園の里』、シャクナゲ

右平『花園の里』、シャクナゲ

 

 

5分ぐらい上がると城跡に到着。

ここに山城があったんじゃのう。歴史好きにはたまらん空間か?俺は歴史にはあまり興味が無いけん直ぐに下りて東屋へ向かった。
右平『花園の里』、城跡

 

 

東屋付近からは山小屋方面が見わたせる。大きな”もみの木”の全容がはっきりと見える。
右平『花園の里』を見渡す

 

 

遊歩道付近まで降りてくると目の前には大きな桜の木が。(下の写真中央の木)来年は桜の時期に来てみるかのう。
右平『花園の里』桜の木

右平『花園の里』、シャクナゲ

右平『花園の里』、シャクナゲ

 

 

シャクナゲを満喫して帰路へと着くことにした。どこを見てもシャクナゲの花、花、花の凄い空間じゃったのう。
右平『花園の里』、シャクナゲ

 

最後に

久地の花みどり公園もじゃけど、ここ右平『花園の里』も何故か知名度が低い。シャクナゲの時期は他の花も一斉に咲くけん皆そっちに忙しいんか?

これだけの規模の花園が広島にあるのに皆知らんとは勿体ないことしとるのう。

 

 

山小屋でワサビ寿司を一つ(200円)食べたんじゃけど、驚く事に全く辛くなかった。

ワサビ寿司と名前を聞くと辛いのが苦手な俺は食べれんじゃろうと思うとったんじゃけど、ワサビの根っこではなく葉がふんだんに使われとる寿司じゃけん非常に食べやすかった。

右平『花園の里』へ行く際にはこのワサビ寿司やワサビうどんも珍しいけん食べてみるとええじゃろう。辛くないように食べやすいように作っとるとの事じゃ。

右平『花園の里』、葉ワサビ寿司

 

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA