『妹背の滝』迫力の雄滝、永やかな雌滝の夫婦滝(廿日市市大野)

妹背の滝

■2016/8/21追記(妹背の滝に水遊びに行ってきたぞ)■

広島県廿日市市大野にある 妹背の滝(いもせのたき) に行って来た。

妹背の滝 は二つの夫婦滝の総称で、大頭神社(おおがしらじんじゃ)の境内を流れる毛保川(けぼがわ)に雄滝、またその支流の谷川に雌滝がある。

日本三景で有名な宮島の玄関口である宮島口から車で約10分の距離にこの滝はあり、高速道路からのアクセスも良く、大野インターから 妹背の滝 まではたったの400m。宮島観光に来た際には是非この滝にも寄ってもらいたいんじゃけど、行く時期により、水量の変化が激しい滝じゃけん、出来れば降雨直後に行くのがええ。降雨直後の迫力は圧巻じゃけんの。

断言するんじゃけど、こんなに楽に行けて(駐車場から雄滝までほぼ平坦な道を約5分あるくだけ)、ここまで見ごたえのある滝が見れる場所は広島県には他には無い。

妹背の滝へのアクセス

広島県廿日市市大野字滝山

大野インターを降りて信号を右折し、山の方へ約200m進むと大頭神社がある。この大頭神社の駐車場に車を止め、境内を通って妹背の滝へと向かう。駐車場は神社の目の前にあるけん、行ったら解るじゃろう。

夏以外の時期は神事等が無ければ比較的人は少ないんじゃけど、夏は滝の下で水遊びができるけん大混雑する。

 

 いざ、妹背の滝へ

駐車場に車を止め、鳥居をくぐって大頭神社の境内へと進む。駐車場は県道298号線に面したこの鳥居の向いにある。
大頭神社

 

滝を見に来たとは言え、神社境内を通るのでちゃんと参拝はしたで。手水舎(てみずや)で心身を清めてから、大頭神社で世界平和を祈る。
大頭神社

 

まずは雌滝が視界に飛び込んで来た。水量は少ないんじゃけど(多分、これでも水が多い方)、もの凄い高度感。境内の説明を見ると「高さ50m」と記載してあった。
妹背の滝(雌滝)

 

高ーい!なんとも長い滝じゃ。
妹背の滝(雌滝)

 

大頭神社の横に川に沿って歩道があるけん、それを上流に進んで行ったら雄滝へと行ける。
IMG_9773

 

毛保川の水は澄んどって綺麗じゃ。
IMG_9774

 

ゆっくり歩いても2,3分で分岐にたどり着く。幾千代橋(いくちよばし)を渡って右へ進むと雄滝の真下へと行け、左へ進むと雄滝を見下ろせる展望台へと行ける。先ずは展望台へと向かった。
IMG_9775

 

分岐から1分位で展望台に到着。雄滝とその周辺を見渡す事ができる。展望台から滝までの距離が結構あるけん、目が悪い人は見えにくいかもしれん。
妹背の滝展望台

 

ズーム!これが雄滝じゃ!!
降雨直後じゃけん、水量が豊富で迫力があるのう。この滝は高さ30m。写真の右下の赤丸の部分に人が写っとるけん、滝の大きさがよう解るじゃろう。幅および高さがこれだけある滝はここら辺には他に無いで。こんな凄い滝がいとも簡単に見れてしまうと言う好環境!
妹背の滝(雄滝)

 

展望台を降りて、幾千代橋を渡り雄滝の真下へと来た。
もの凄い迫力の割には水が優しく落ちているような印象を受けた。
妹背の滝(雄滝)

 

別の日に再度、訪れたときに撮った写真。
妹背の滝

 

バシャー!
IMG_9791

 

雄滝から降りてきた水は優しい流れへと変わる。滝つぼらしいものは無く、下は砂地。流れがゆるやかで水深が浅いけん、比較的小さな子供でも夏はここで水遊びができる。
IMG_9792

 

雄滝の直ぐ下流は広い砂地の浅瀬が広がっとる。滝の迫力の割には下流は優しい雰囲気じゃろ。
IMG_9795

 

スマホで動画も撮影してみた。

 

最後に

これほど町の近くでアクセスも良く、迫力が凄い滝は妹背の滝以外じゃ中々無いで。宮島観光に来た人には是非立ち寄って見てもらいたいもんじゃ。滝マニアじゃ無くても十分感動出来るほどの滝じゃけんのう。

それと、この近くには経小屋山と言う山があって、妹背の滝を通過して登山する事もできる。この山の眺望も素晴らしく、宮島を眼下に見下ろして一望する事ができるんじゃ。時間と体力に自信がある人はここも登ってみたらどうじゃろうか。(俺が過去に登った時は1時間30分掛かった)

 

下の写真が経小屋山からの眺め。目の前の島が宮島じゃ。
経小屋山からの眺め

ちなみに経小屋山は車でも登れるけんの。

2016/8/21追記、妹背の滝に水遊びしに行ってきたぞ!

急に思い立って、昼の3時くらいから妹背の滝に水遊びしに行った来た。

駐車場に着くと水遊び目的の人が多く、車は満車状態。何とか車を駐車場に止めることができたんじゃけど、ここまで人が多いとは思わんかった。

車から降りて歩いて神社の境内に入ると早速、川に降りて遊ぶ人が見えた。遊ぶなら、なるべく上流で遊びたいけん、雄滝を目指して進むことにした。
IMG_6314

 

 

雄滝を目指して更に進んで行と、幾千代橋から奥に大勢の子供達が川に入っとるのが見えた。
妹背の滝(雄滝)で水遊び

 

 

雄滝に到着!ものすごい人の多さじゃ!

写真で見て解るように雄滝のすぐ下は水深がくるぶし程度と非常に浅く流れも穏やかで、下は砂地となっとるけんコケても怪我をしにくいというように、小さな子供を遊ばすには最高の環境じゃ。山に挟まれて谷になっとるけん影も多い。

ただし、人が多く混雑しとるけん、周りに気を遣う必要があった。
妹背の滝(雄滝)で水遊び

 

 

この日は滝の水量は少なかったんじゃけど、常に水しぶきが舞い上がり周囲に広がる為、雄滝の周辺はとても涼しかった。
妹背の滝(雄滝)の水煙

水深が浅く小さな子供も水遊びできるけん、興味がある人は夏場は人が多いのを覚悟して行ってみてくれ。

神社境内にトイレはあるんじゃけど、神社の入口に自動販売機があるのみで飲食店などはもちろん無い。ゴミが出た際には必ず持って帰ろうの。

 

水遊びならここもお勧め

魅惑の里(廿日市市吉和)

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA