俺流、ミカンの収穫方法!!

ミカンの摘み方って特に教わった記憶が無い。

一つだけ言われたのは、収穫時にカゴにミカンを入れた際に、隣のミカンを傷付けんようにする為にヘタの所の茎を短く摘むようにと言う事だけじゃった。

後は見よう見まねや自分で考えたりして、楽に早くミカンを摘めるように意識しとったら、何も考えんでも自然と身体が動いて効率良く収穫できるようになっていった。

今回の記事を書くことになったのは、数年前にバイクツーリングでミカン狩りに行った時に、そこの農園の方に”ミカンの摘み方について説明”があって驚いた事が記憶にあったけんじゃ。それと、「ミカンの生産者の息子がミカン狩りって・・・」と言う感覚もあったけん余計に憶えとるんかもしれん。

”ミカンの摘み方の説明”を初めて聞いた時に思ったのは、「一般の人はこうやって収穫しとるんか!」という事じゃった。

また、後日にある人に、俺の実家でミカンを作っとる事を話した時に、「ミカンの摘み方ってこうなんでしょ」って言われたのがミカン狩りで聞いたミカンの摘み方じゃったけん、印象に残っとった。

教えてもらったミカンの摘み方

さて、その教えてもらったミカンの摘み方なんじゃけど至って簡単。一つのミカンを収穫する際にハサミで二回、茎を切って袋に入れる収穫方法じゃった。

  1. ミカンから少し離れた(1~2cm位)所の茎を切ってミカンを切り離す。
  2. ヘタの部分の出っ張った茎を短く切る。

以上。下写真参照。

1、枝からミカンを切り離す

1、枝からミカンを切り離す

2、ヘタの部分の茎を短く切る

2、ヘタの部分の茎を短く切る

はい!収穫!

はい!収穫!

 

と、言う事らしいわい。

なんで俺がコレを聞いて驚いたかと言うと、「こんなこと一々説明がいるんか?」と言う事と、「それは収穫方法の一つでしかない」と思うたけんじゃった。

まあ、ミカン農家の息子として育って一応、男のプライド的な気持ちもあったけん、少し反抗的な気持ちがあったんかもしれん。

農家の収穫方法とミカン狩りに来た人の収穫方法が違うのは当たり前なんじゃけど、他にもこんな収穫方法があるで~と言う事でブログに書くことにした。 そんなに難しくないけん、すぐに実践可能じゃと思うぞ。

俺流、ミカンの摘み方① 「一回切って終わり」

もう説明不要じゃろ?一回切って終わり。それだけ。 ミカンの形が変でなくて、ヘタの部分が丸見えで、摘みやすい高さにある収穫するのに条件の良いミカンはイキナリ茎を短く切って即収穫!

摘みやすいミカンは一回切って即収穫。

摘みやすいミカンは一回切って即収穫。

 

俺流、ミカンの摘み方② 「連続ミカン摘みで動作を減らす」

ミカンを一つ摘んでカゴへ入れる。ミカンを一つ摘んでカゴへ入れる・・・・ 。

いやいやまて!「カゴへ収穫したミカンを入れる」と言う動作は減らす事ができるぞ。

どうやると思う~??

答えは簡単!複数個ミカンを摘んだらカゴへいれりゃ~えんよ。つまり、摘んだミカンを手の中にある程度ストックしておいてから、いっぱいになったらカゴに入れる動作をするんじゃ。

手の中にストックしたミカンの数だけ、カゴに入れると言う動作が減るわけじゃ。イメージ出来た?下の画像見たら解るじゃろう。

一個目の収穫。

一個目の収穫。

そのまま二個目の収穫。

3個目の収穫。

3個目の収穫。

4個目の収穫。

4個目の収穫。

 

こんな感じでこれ位の大きさのミカンなら4個は楽勝で連続収穫が可能じゃ。これでカゴに入れる動作が3回省略出来たぞ。たった数秒の時間節約じゃけど、コレをやるかやらんかで一日の収穫量がかなり変わってくるんじゃ。

条件がえかったら5個連続収穫も可能じゃ。もう2個は載せれるのう。
IMG_7791

 

俺流、ミカンの摘み方③ 「片手でミカンを摘む」

高い所や狭い所等、両手でミカンを摘むことができない様な場合でも、片手じゃったらなんとか収穫できる時がある。

ハサミを少し持ち変えて、親指と薬指と小指で持つ。人差し指と中指はハサミから離すようにして空間を作る。この人差し指と中指とハサミの三点支持でミカンを包んで落ちんようにして、親指と薬指と小指でハサミを閉じて茎を切るんじゃ。

人差し指とハサミだけの二点支持でもミカンを摘む事はできるんじゃけど、摘んだ後でポロリと落としてしまう事が多いけん、俺は三点支持でミカンを摘む。

こんな感じでハサミを持つ

片手でミカンが収穫できる!

 

最後に

ミカンの摘み方は他にも切る茎の部分が見えん状態で切る方法や、ある程度のミカンのついた枝をバッサリ切ってしまう方法がある。

それとミカンを摘む時に心がげている事は(現状は頭で考えんでも身体が勝手に動くんじゃけどの)最小限の動きで最大量の収穫ができるようなポジションに構えることじゃ。

パッと見て摘みやすいミカンからドンドン収穫していった方が、収穫しにくい場所のミカンをどう収穫するかが解り易い。問題点をあぶり出すようなもんじゃの。

それと長時間作業するけん、余計な疲労を避けるためにもミカンを入れるカゴは常に下に置いておくか、枝にぶら下げるようにしとる。10Kg以上入るカゴを一日中、身体にぶら下げとったら体力の消耗はかなり激しいけんのう。

動きの効率化と、疲労を減らす事が非常に大事じゃ。 「そんなに”効率”言うんなら写真なんか撮らずにサボらずに働け!」と言われそうじゃけど、全くその通りじゃわい!!

みんな!愛媛のミカン買うてくれーの!!

 

 

みかんの収穫には、刃先がカーブした専用のはさみが摘みやすいぞ。

 

ミカンジュースならJAの販売しとる粒入りが断然美味い!うちは絶対にコレ!!

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA