石膏ボードアンカーを打つと、壁にネジ留めが可能になる!

家の壁が石膏ボードで出来とるけん、ネジを打ち込んでも直ぐにグラグラになって抜けてしまう。

石膏ボードの裏にある下地(石膏ボード留めとる木)を探してそれに向かって長いネジを打つしかないんかないんかの~と思うとったんじゃけど、ホームセンターをふらついとったらエエもんを見つけた。

それが「石膏ボードアンカー」じゃ!

 

いや~素人には知らんもんがようけあるのう。知っとる人にはこんなもん当たり前なんじゃろうの。この「石膏ボードアンカー」なんじゃけど、色々な種類があってどれがえんかようわからんかったけん、とりあえず家に帰ってググってみた。

金属の物やら太い奴や細い奴と、形状や材質も様々。石膏ボードの厚みによってサイズわけされとるやつもある。で、一番施工が簡単なねじ込むだけのヤツが楽じゃけん、それに決定してから再度ホームセンターに買いに行ってきた。

「10個入り位でええかの」と思うとったんじゃけど、俺が買いに行ったホームセンターにはそんな少ない数のパッケージは無かったけん、大量の石膏ボードアンカーを購入して帰宅。一生かかっても使いきれんぐらいの石膏ボードアンカーが手に入ってしもうた・・・

さて、早速施工じゃ。と言ってもねじ込むだけじゃけん、あっさりと終わってしもうたわい。 プラスのドライバーでねじ込むだけ!石膏ボードアンカーのネジ部が石膏ボードに入るまでは結構力がいるんじゃけど、ネジ部が石膏ボードに入り込んだら、後は楽にグングン中に潜っていった。

最初は押しながら回す。ネジ部がボード内に入ったら回すだけでも勝手に中に入っていく。 これ、下穴開けた方がええんじゃろうか?俺はいきなりねじ込んで問題無かったけど。5箇所にアンカーを下穴なしでねじ込んだけど、どれも問題無かった。
Exif_JPEG_PICTURE

壁にピッタリ着くまで回したら完成!回し過ぎたらバカになってしまうけん注意じゃ。所詮は土台が石膏ボードじゃけんの。
Exif_JPEG_PICTURE

で、石膏ボードアンカーの真ん中の穴にネジを取りつけて完成! 取り付ける物よりちょっとアンカーがはみ出しとるけど、気にしない気にしない。
Exif_JPEG_PICTURE

ねじ込むだけでブチ簡単じゃった。
じゃけど、アホみたいな力でねじ込み過ぎたら石膏ボードに穴があいてしまうけん注意が必要じゃ。

俺も最初の1つをねじ込むのは少し緊張したんじゃけど、結局は少し力を入れてねじ込むだけじゃけん、二個目からは楽勝。 説明には耐荷重25Kgとか書いとるんじゃけど、あまり重いもんは付けん方がええじゃろうの。

もし、施工が下手で付けた物が落ちたりしたら、落ちた物も壊れるし、壁に穴が開いてしまうかも知れんで。

俺が取り付けた一番重いもんは壁掛け時計じゃ。1Kg弱くらいか。

ふふふ、プチリフォーム楽しいぜ~。 ネジを持って無い人はネジとアンカーのセットのが便利。

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA