広島造幣局「花のまわりみち」豪華な八重桜が限定公開!

「花のまわりみち」八重桜

広島造幣局(正確には造幣局広島支局と言う)では毎年4月の中旬に一週間だけ「花のまわりみち」という名で構内の一般開放が行われ、育種もの見事な八重桜を観賞することができる。

桜の種類は年々増えとって、2018年は合計63品種、219本もの八重桜が訪れた人を出迎えてくれる。

これだけの種類と数の八重桜が一度に見れる場所は近辺ではここだけじゃけん、たった一週間の一般公開の期間に県内外から数多くの人々が訪れて賑わう。

造幣局本局である大阪造幣局でも一週間限定で構内が一般開放されとって、こちらは「花の通り抜け」と称し、造幣局南門から北門への約560mの距離を一方通行で進む、文字通り造幣局を通り抜けて花見をするすスタイルとなっとる。

広島造幣局「花のまわりみち」へのアクセスと駐車場

■独立行政法人 造幣局ホームページ
広島県広島市佐伯区五日市中央6丁目6-3-1

 

2018年(平成30年)「花のまわりみち」

開催日:4月13日(水曜日)~4月19日(火曜日)までの7日間
公開時間:午前10時から午後8時まで(日没後にぼんぼり、投光器でのライトアップ有り)
問い合わせ先(ハローダイヤル):050-5548-8686(午前8時~午後9時まで)
問い合わせ先(造幣局広島支局総務課): 082-922-1597

 

広島造幣局は県道290号線(通称:コイン通り)沿いにあり、西広島バイパスがすぐそばに通っとる。

残念ながら広島造幣局には「花のまわりみち」用に駐車場は用意されとらん。つまり、駐車場は無いということじゃ。

しかも、あたり一帯にはコインパーキング等の駐車場は皆無。近所の商業施設の駐車場にはガードマンがおるけん造幣局に行く為に車を止める事はできんようになっとるけんの。

「車で行ってもなんとかなるじゃろ」と言う甘い考えで来ても、絶対にどこにも車を止めるとこなんか無いけん、公共交通機関で行くことを強くお勧めする。

もしくは、誰かに車で連れてきてもらってサッと降ろしてもらうかじゃの。

コイン通りは普段から車が混みあう道路じゃけん、「花のまわりみち」の開催期間中はとんでもない混み様じゃけん、車での送迎してもらう場合は時間が読めんけん余裕をもって行動したほうがええぞ。

 

通常はJR五日市駅の北口から臨時バス(有料)が出とるけん、これで向かうのが無難じゃと思う。まあ、五日市駅から造幣局まで約2kmの距離じゃけん、歩いていけんこともない。タクシーで行っても料金は知れとるじゃろう。

それと、造幣局の付近には路線の違うバス停が何個かあるけんそれを利用する手段もある。「千同橋」、「五日市五丁目口」、「佐伯区民文化センター前」、「五日市落合」等のバス停が造幣局の周りにあるけん、自分にピッタリなバス路線が運行しとらんか探してみよう。

これだけバスの路線が利用可能なら、造幣局から少し離れたバス停の近くに車を止めてそこからバスで造幣局へ向かうこともできるかもしれんぞ。

 

造幣局広島支局からのお願い&ご案内

  • 造幣局構内及びその周辺には、駐車場はございません。バス等の公共交通機関をご利用のうえご来場下さい。
  • 工場見学(広島支局)は、4月12日から19日までの間、休止いたします。
  • 会場内での飲食は、ご遠慮いただいております。
  • 会場内は全面禁煙になっております。ご協力をお願いします。
  • フェンス等で規制している区域内への立入はご遠慮ください。
  • 自転車でのご入場はご遠慮ください。
  • ペットの入場はご遠慮ください。

独立行政法人造幣局HPより抜粋

 

くれぐれもルールを守って桜を楽しもう。

「花のまわりみち」八重桜イン広島!!

本記事は2017年に桜を観賞した時のものである。

 

コイン通りを造幣局の方へ歩いて行くと東桜門へとたどり着く。

通りの渋滞も凄いし(コイン通りは普段も混む)歩道もひっきりなしに人が通る。これが「花のまわりみち」!
広島造幣局「花のまわりみち」東桜門

 

 

門をくぐるとガードマンさんがパンフレットをくれたけん、マップを見てどっから見て回ろうかの~と考えようとした瞬間に、連れてきた子供が勝手に走って行ってしもうたけん、それを追いかけるしかなくなった。
広島造幣局の構内

 

 

まだ蕾も多かったんじゃけど、八重桜のボリューム満点の花弁は何とも豪華で華やかじゃ!観光客も多い!
広島造幣局「花のまわりみち」八重桜

 

 

初めて見る八重桜ばかりで個性的な花も多く見とって全く飽きん。まさに八重桜のデパートメントストアじゃのう。
「花のまわりみち」八重桜

「花のまわりみち」八重桜

「花のまわりみち」まるでボールの様な八重桜

「花のまわりみち」八重桜

 

 

構内には記念撮影用にお立ち台が設置されとったけん、もちろん俺も撮影したぞ。
「花のまわりみち」記念撮影

 

 

なんと最高気温が24度!暑いわけじゃ。上着は直ぐに脱いで半袖で散策。桜の木の下には丁度良い影ができとったけん、暑くなったら陰に入って休んだ。
「花のまわりみち」八重桜

 

 

上ばかりじゃなく下にもフォーカスをあててみよう。
「花のまわりみち」八重桜とタンポポ

広島造幣局「花のまわりみち」八重桜

 

最後に

造幣局の構内の観光客が歩く道は完全舗装されとるけん、車いすの人でも問題なく見て回る事ができる。

桜を植えとる個所は土がこんもりと高くしてあるんじゃけど、やたらと子供がそこに登りたがっとったんじゃけど、残念ながら桜保護の為に土の部分は立ち入り禁止。ルールを守って楽しく桜を見ようの。

少し心残りなのは、人の多さと暑さでつかれたけん、造幣展示室に行く余裕がなかったのと、花のまわりみち貨幣セットを買うことができんかった事じゃ。

できれば平日に花見有給休暇をとって八重桜の様に優雅に花見と行きたいもんじゃのう。

しかし、八重桜は花のボリュームが凄かった。!まるで溢れだすような花弁。そして様々な色や形の花があり俺を楽しませてくれた。

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA