バイクが乗れん時に、読むとヤバイ本

毎日暑いの~。夜にふらっとエアコンの効いた車に乗って本屋に行ってきた。情報収集をした後にバイクコーナーに寄ると、「お、RIDEの新しいのが出とる!」。RIDEを手に取り読み始めると体内の血が駆け巡り体温が急激に上がる。ヤバイ!バイクに乗りたくなってきたわい。本屋でアドレナリンが出まくりじゃ。  

 

家に帰ってからバイクに乗るか?いや、オッサンは夜は目がよう見えんし、ここはグッと我慢じゃ。こんなに興奮した状態で寝れるか心配じゃったけど、問題無くグッスリ寝れた。

翌朝、6時位から1時間バイクに乗ってきた。う~ん、やっぱ夏は早朝ツーリングがベストじゃの。風が心地よい。残念ながら遠出はできんのよ。嫁の目が恐い・・・(おっと、これ読まれたら・・・)。

独身時代と比べると自由な時間が減ったか?確かに時間の使い方に制約は多くなったんじゃけど、バイクに乗れるだけ恵まれとる。ありがたい。昔は何も考えずにバイクに乗りまくっとった。今は限られた時間でも感謝しながらバイクに乗っとる。 免許取ってから20年バイクに乗っとるけど、これよりおもろいもんは中々ないの。

「なんでバイクに乗っとるん?」って聞かれる事があるんじゃけど、「おもろいけん」じゃ。理由なんかどうでもええじゃろ。別にバイクじゃ無くても趣味は自分が「おもろい」と思うけんやっとるだけで、理由も利益も必要ない。

金が無駄?当り前じゃ、無駄な事しとんじゃけん。無駄な事ほどのめり込めるし、無駄な事ほどおもろいわい。 ただし、やっぱり家族が一番大事じゃけん、いつかは降りんといかん日が来るかもしれん事も覚悟はしとる。乗り続けれたら最高なんじゃけどのう。どうなる事やら。

初めてバイク買うたのは20年前の真冬。夕方納車して、その日は夜中じゅう走り周って朝、帰宅。楽しすぎて寒いとか言う感覚はマヒしとった。バイト代は全てバイクに注ぎ込んで、バイク中心の生活しとったの。ああ、懐かしい。

子供が生まれてからはバイクに乗る時間は極端に少なくなり、”バイク乗り”と言うよりは”バイク持っとるだけ”という状態じゃ。走行距離が伸びんけん、メンテナンスもエンジンオイル交換位しかして無かった。

本屋で「RIDE」読んで興奮した勢いで、「フロントフォークのオイル交換」、「ブレーキ分解&清掃」「スイングアーム分解&清掃&グリスアップ」「ホイール分解&清掃&グリスアップ」「チェーン清掃&注油」をやろうと思うたんじゃけど、結局「チェーン清掃&注油」しかできんかった。

いや~チェーンだけ言うても久しぶりじゃったけん、汚れが酷かったわい。一駒づつ磨いたけんかなり時間がかかって体力も消耗した。Tシャツは汗で塩ふいたで。 「RIDE」をいつか全巻揃えたいんじゃけど、置く所の確保の問題と、家庭内承認が得られるかどうかが一番の問題じゃのう。  

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA