バイク転倒、曲がったフロントフォークの修正(応急処置じゃけんの)

フロントフォークの曲がり修正

こんな事にはならんのが一番なんじゃけど、バイクでツーリング中に転倒したり等のアクシデントがあった際に役に立つ、応急処置としてフロントフォークの曲がりの修正方法について紹介しようと思う。

以前、知り合いのバイクのフロントフォークが曲がった時に教えてやったらブチ感謝された。知っとったら大したことないない様な事なんじゃけどの。

ただし、この記事の内容はフロントフォークの曲がりが軽症の場合にのみに限り、もしかしたら改善できるかもしれんという程度の内容じゃけんの。

問題発生時に、どうしても自走して帰らんといかんような状況の場合、この対処法を行う事によってバイクの操縦性が多少改善できるかもしれんけん、頭の片隅にでも置いとってくれ。ほんまに軽症の場合、この対処法だけで何事も無かったようなレベルまで修正可能な事もある。

ただし、繰り返し言うんじゃけどコレはあくまで軽症かつ自走して帰らんとならん場合にのみに限った事としてとらえとってくれの。

転倒時等は素人目には解らん様な問題が発生して潜んどる可能性も十分考えられるけん、基本的には車で引き取りに来てもらう方がええけんの。

もしもブレーキ関係なんかが破損したまま気が付かずにバイクに乗って帰ると恐ろしい事になるぞ。軸部やホイールなんかも破損したまま走ると最悪の場合、走行中にロックしてしまう危険もある。

 

 

仮にこの対処後方で曲がりが完全に治った様に見えても、実は目視では解らんぐらいフロントフォークインナーやアウターがほんの少し曲がってしまっとるという事もある(アウターが曲がる事は滅多にない)。

バラしてダイヤルゲージを当てて曲がりをチェックするのがベストじゃろう。フロントフォオークが曲がったままじゃとスムーズにストロークできんけん本来の性能を発揮することはできんし、オイルシールに負荷がかかってオイル漏れの原因にもなりかねんぞ。

以下に修正方法を2つ記載する。

足で前輪を蹴ってフロントフォークの曲がり修正

フロントフォークは想像以上に簡単に曲がってしまう。状況によっては立ちゴケでも曲がってしまうぐらいじゃ。じゃけど、簡単に曲がってしまうという事は、簡単に元に戻せるという事でもあるんじゃ。

実はバイクのフロントフォークは前輪を横から元に戻したい方向に蹴るだけで、大分ましなレベルまで捻じれや曲がりを修正できたり、本当に軽症の場合は元通りに戻せる事がある。
フロントフォークを足で蹴って曲がりを修正

 

  1. 先ずはどちらにタイヤが曲がっているか確認する。
  2. フロントフォークが左に曲がっとるならハンドルを逆の右に、右に曲がっとるなら逆の左にハンドルロックに当たるまでハンドルをきる。下図参照。
  3. バイクが安定しとる事を確かめ、前輪を蹴る。
  4. 蹴って曲げ過ぎたら、また反対から蹴らんといかんくなるけん、曲がり具合を確かめながら蹴りの作業を繰り返す。

■図解■
バイクのフロントフォークの曲がり修正
(エクセルで一生懸命に絵を描いたんじゃけど難しいのう)

 

センタースタンドがあるバイクなら、センタースタンドを立ててやるとえんじゃけど、サイドスタンドしかないバイクは曲がった方向によっては作業がしづらい。

その場合はスタンドを使わずに作業した方がフロントフォークを蹴って曲げやすいんじゃけど、蹴った時にバランスを崩してバイクをこかさんように慎重に作業する必要がある。

次に、蹴る以外で簡単に修正する方法を記載する。この方法は周りの環境を利用して曲がりを修正する方法じゃ。

電柱や木に前輪を当ててフロントフォークの曲がりを修正

周囲に電柱、柱、木、岩、壁等がある場合はそれを利用してフロントフォークの曲がりを修正する事ができる。

IMG_5202

 

方法は書かんでももう解るじゃろうけど、バイクに跨り、ハンドルをしっかりと持って前輪を電柱等に「コン、コン」と軽く当ててやると、足で蹴るよりも遥かに楽に曲がりを修正することができる。

フロントフォークは簡単に曲がってしまうけん、いきなり強い力で当てずに力を調整しながら作業をするように。それと、当てる部分は前輪のタイヤ部分を当てるようにせんと、フェンダーやホイールが当たって傷ついてしもうたらショックが大きい。

蹴るよりもこっちの方が断然、楽で正確で速い。利用できる物があるかどうか周囲を見渡してみてくれ。

跨って作業するけん、スタンドを立てる事は必要ない。サイドスタンドしかないバイクの場合はこの方法で修正するのが楽。

最後に

軽症な場合や、自走して帰らんといかん状況に陥った場合は今回の方法を試してみてくれ。ただし、絶対に無理して自走して帰る様な事だけはせんように。バイクよりも命が一番大事じゃけんの。

こういう裏技的な手法は他にも色々あるんじゃろうの。

折れたクラッチ&ブレーキレバーにバイスプライヤーを嵌めてレバーを何とか動くようにしたり、ガス欠して止まったらバイクを傾けてガソリンを何とかかき集めてちょっとでも走らせたり、パンクしたらタイヤの中に草をギュウギュウに詰めて走ったり、過度なクラッチ操作で左手が痺れてきたらクラッチ切らずに回転数合わせて変速したり、そうそう、若いもんは押しがけとか知らんもんも増えとるようじゃの。

くれぐれもフロントフォークが曲がらん様に気をつけてRIDE ONじゃ!

GOD SPEED YOU

 

ロードサービスに入っとったら万が一の時も安心じゃの。
JAFのサービスでドライブを快適に!

 

 

■もしもの時の為に携帯しとくと心強い!■

 

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA