Panaracer RACE A Evo2 のメンテナンス(異物撤去)

Panaracer RACE A Evo2 700×25Cのタイヤを履いて半年なんじゃけど、2000km走行した。 IMG_9991

 

タイヤにはかなりの傷や穴が増えてきて、いつパンクするやら冷や冷やしながら自転車に乗っとるけん、最近は一週間に一度は必ずタイヤへ異物が刺さっていないか必ずチェックするようにしとる。 チェックしてみると必ずと言ってええくらい何かがタイヤに食いこんどる。

一番多いのは砂粒くらいの小石、それとガラス片。タイヤに刺さっとる異物は今までにもう何回も取り除いたんじゃけど、何故かパンクはまだ一度も無い。PTシールドのおかげなんじゃろうか?下の写真はタイヤのアップ写真なんじゃけど、赤丸部に小石が刺さって穴があいとるのが解るじゃろう。
IMG_9990

こんな感じで異物がしょっちゅう刺さっとる。これをオイルシールピックツールを使うて慎重に除去していくんじゃけど、なんとなくオペをしょうる気分になる。俺は体重が重いけん(80kg)タイヤの空気圧は900kpaに設定しとって、このせいなんか異物によってポッカリ開いた穴は異物撤去後もふさがる事無くそのまんまじゃ。

高い空気圧のせいで、いつかここから裂けてプクーッとチューブがはみ出したりせんかのう。切り傷もタイヤのいたるところに入ってきた。3000km走ったら転ばぬ先の杖で新品タイヤに交換しようかのう。

RACE A Evo2は走行が楽になるけんかなりえかったんじゃけど、濡れた路面ではグリップ力が低い(晴天時にはなんともない)。特に歩道を走行する時にタイルの上や点字ブロックが濡れた状態じゃとツルツル滑ってブチ危険じゃった。次のタイヤは安全第一、濡れた路面でのグリップ力を重視して選びたいと思う。
IMG_0044

IMG_0046

 

2000km走行で既に満身創痍っぽいRACE A Evo2。どうしても道路の端っこばっかり走るけん、砂利やゴミの上を通るようになってタイヤが穴や傷だらけじゃ。長距離を楽に速く走るにはRACE A Evo2はお勧めのタイヤじゃ。価格もお手ごろじゃしのう。 他のタイヤを履いてもまたコイツに戻ってくるかもしれん。

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA