昇雲の滝(三原市)

昇雲の滝

紅葉で有名な佛通寺の近くにある昇雲の滝(しょううんのたき)に行ってきた。

山陽自動車道、三原久井インターを降りて、車で約五分。
アクセスは結構ええけん、ここら辺に用事があって来たら、ついでに寄ってみたら?広島空港があるけん、頭上を飛ぶ飛行機が近い。

滝壺から滝をしっかり見る為には対岸に渡る必要がある。水量の少ない時に行くか防水の靴、長靴があった方がええ。
体力のある人は下流から登って対岸に行くと言う手段もあるけどの。(下流からじゃと滝まで一時間位かかりそうじゃ)

昇雲の滝へのアクセス

「昇雲の滝」入口

 

「昇雲の滝」の入り口付近は少し広くなっとって、車を2、3台は停めれる位のスペースはある。
入口から5分ぐらい歩いて下ると滝壺まで行けるという気軽さ。道はコケや落ち葉で滑りやすくなっとるけん、ゆっくり慎重に歩いた方がエエで。
IMG_7596

昇雲の滝へ行くぞ!

駐車場から歩き始めて10秒位でY字路になる。
真っすぐ行ったら滝全体が見渡せる「滝見台」。左側に少し戻るような感じで進むと「滝壺」じゃ。先ずは「「滝見台」」に足を運んだ。
IMG_7597

 

何Mで「滝見台」とか表示がないけん、「どれくらいかかるんかの~」と思いながらY字路を歩き始めた瞬間、「滝見台」に到着。
Y字路から数秒・・・近っ!!
「ほう、コレが滝の全容か。木で隠れてほとんど見えんわい!」 IMG_7598

 

と言う事で、俺の自慢のEOS M2のレンズを自己満足なEF-M55-200mmに付け替えて、滝の下の方をズームすると滝が見えた。こんだけ(下の写真)。
紅葉の時期に来たら多違うんかのう?滝の周りが常緑樹だらけじゃったら変化無しかもしれんけど・・・ と言う訳で、「滝見台」には長居せずに直ぐに滝壺へと向かった。
IMG_7599

 

Y字路まで数秒で戻って、看板の示す「滝壺」へと進む。足元、注意じゃ。
IMG_7601

 

ゆっくり歩いて5分で滝壺まで到着。少し残念な事に水があまり綺麗ではない。
IMG_7604

 

じゃけど、渓谷自体は中々ええ雰囲気じゃ。
人気が無いんか誰もこの滝を知らんのんか、俺しかおらんけんリラックスして滝と渓谷を眺める事が出来る。木がようけ茂っとるけん、夕方とかは直ぐに暗くなるじゃろう。行くなら早い時間がええで。俺が行ったのは朝の10時位。
IMG_7606

 

と言う訳で、滝壺からの「昇雲の滝」。
昇雲の滝

 

ちょっと違う角度から「昇雲の滝」。
昇雲の滝

 

対岸へ渡ると下流へと道が続いとる。折角じゃけん、少し降りてみる事にした。
IMG_7629

 

道は渓谷沿いについとるけん、常に川が見えて水の音が聞こえる。
茂った木で渓谷内は比較的暗い。普段、山や渓谷に行かん人は少し恐いかも知れんで。俺にとっては人が全くおらんし最高の環境じゃけどの。ゆっくりできる~。
IMG_7631

 

10分ぐらい下ってから、引き返すことにした。この日は嫁の実家に行く事になっとったけん、遅くなると嫁が恐い~。

人間の気配があまりせん渓谷じゃけん、自然を感じたい人にはええかも。道もコケや落ち葉でコーティングされとるけん、人工建造物的な雰囲気が薄くてええわい。
IMG_7639

 

最後に

最初にも書いたんじゃけど、滝をじっくり見るには対岸に渡る必要がある。水量が少ない時に行くか、防水の靴で行くか、裸足になって川を渡るかになる。俺はダナーライトでチャプチャプしても問題無しじゃ。

んっ、そういやこの前行った滝も似たような状況じゃったのう。しかし、自然ってええのう。田舎であんきに暮らしたいわい。 IMG_7647

 

昇雲の滝を下に下っていくと紅葉で有名な佛通寺がある。

少し離れた所には女王滝瀑雪の滝棲真寺公園の展望台もあるけん時間がある人は行ってみるとええじゃろう。

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA