砥石を買って包丁を研いだ!全ては嫁の為!!

結婚記念日に嫁の為に買うた包丁。コレね特別な包丁の記事

なんか最近切れ味が落ちてきたと言うとる・・・・当り前じゃ!一つの包丁で全てを切っとるけんじゃ。カボチャとかは古い包丁で切れ言うとんのに、忘れて全て同じ包丁で切りょうる。でもまあしょうがいないか。包丁買うて半年の間、全くメンテナンスしとらんけんのう。包丁さん、すんません。研いじゃるけんの。

とりあえず、砥石なんか持っとらんけん近所のホームセンターに買いに行った。
初めて買う砥石。荒削りと、仕上げ削り用の二つは絶対にいるじゃろうの~と思いながら砥石コーナーに足を運ぶと「おっ」、なんかエエのがあるで。二種類の砥石をくっつけた一石二鳥な砥石が売っとった。「こりゃ~ええわい。コレ買おう。」お値段は2千円也。(二千円あったら新しい包丁が買えるじゃないか!と言う人は俺とは価値観が違うの~。)

砥石の粗さの種類が何パターンかあったんじゃけど、俺は野生の勘で#220と#1000の粗さがセットになっとる砥石を買うた。
IMG_6403

 

家に帰ってから説明書を読んでみると、砥石を水に5分漬けろと書いてある。ほ~知らんかったのう。5分漬けたら先ずは#220からじゃ。包丁を砥石に対して45度に傾けて配置。そしてそこから15度起こした状態をキープして研ぐ。押す時に力を入れて、引く時は力を抜く。同じ角度を常にキープするのがかなり難しい。じゃけどコレを適当にやってしもうたら刃先が丸く削れてしもうて切れ味が良くならん。

慎重に同じ角度でひたすら研ぐ、研ぐ、研ぐ。包丁をひっくり返して研ぐ、研ぐ、研ぐ。 おお、5分ぐらい研いだら欠けとったとこがほとんど解らんようになったわい。

次は#1000じゃの。またまたしばらく研ぐ、研ぐ、研ぐ・・・・・・・う~ん、10分ぐらい研いだじゃろうか。研いどる方と反対側に刃先がわずかにそる「カエリ」を包丁をひっくり返して軽く数回研いで取ってやる。さて、どんなもんかの? テレビで包丁職人さんがやっとった切れ味を試す方法でチェックじゃ。

 

ぐへへ、腕毛を剃って切れ味を確かめる・・・・。カミソリで剃るほどには綺麗に剃れんかったけど、切れ味は確実に上がるわい。おっと、包丁で腕毛を剃っとる所を嫁に見られたらなんか言われそうじゃけん、腕毛でチェックは程々に&嫁に見つからんように。 いや~包丁研ぐ俺って職人みたいでカッコええ~。自己陶酔。

みんなに言ってやったで。「ウチにくる時は包丁もってこいや。俺が研いじゃるけんの!」で、既に一人が包丁持参で来た。俺が研いでやった包丁はよう切れるようになったかのう。    

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA