実は継続されている!?Windows10無償アップグレード

Windows10無償アップグレード

Windows7とWindows8向けに実施されとったWindows10無償アップグレードは日本時間の2016/7/30で終了した。

古いOSを使いたいんじゃけど、Win10のアップグレード権は念の為に欲しいと言う人は、一度Win10にアップグレードしてから復元機能で旧OSに戻しとると思うんじゃけど、中にはうっかりWin10にアップグレードするのを忘れとって、2016/7/30が気が付いたら過ぎとったという人も中にはおるはず。

そんなうっかり者には朗報かもしれん情報がある。

それが、現在も終了期間未定で実施されとるWindows10無償アップグレードじゃ。ただし、条件付きじゃけどの。

表向き一般向けには終了したWindows10無償アップグレード

日本時間の2016/7/30にWindows10無償アップグレードは終了した。

マイクロソフトのサイトを見てみると「Windows 10 の無償アップグレード キャンペーンは終了しました。」との記載があり、無償アップグレードをする為のボタンが無くなって代わりに「今すぐ購入」のボタンがあるのみじゃ。
win10_02

マイクロソフトのWindows10のダウンロードダウンロードサイトで無償アップグレードが終了したことを確認できる。

 

現在も継続されているWindows10無償アップグレードとは「障碍者向け支援技術製品を利用しているユーザー向け」

一般ユーザー向けには終了したWindows10無償アップグレードじゃけど、「障碍者向け」として7月30日以降も別のページで継続されとった。無償アップグレード終了期間は現在のところ未定となっとる。以下の文章はマイクロソフトのサイトから。

一般向けのけのWindows10無償アップグレードは7月29日に終了します。しかし、マイクロソフトでは支援技術を利用する方のWindows10体験を改善する努カを継続するため、障碍者向け支援枝術製品をご利用の場合は.7月29日以降も無償でアップグレードをすることができます。

Windows10AnniversaryUpdateでは、Windows10のアクセシビリティ機能を大きく強化しました。

詳細については、こうした機能強化のいくつかについて詳しく説明したブログをお読みください。

アップグレードする前に、お使いの支援技術製品の開発元・販売店に、Windows10との互換性の詳細をご確認ください。

マイクロソフトのAccessibilityのページより抜粋

 

【障碍者向け支援技術製品を利用しているるユーザー向けWindows10無償アップグレードのサイトへのリンク】

 

身体的なことや身の周りの環境等、何らかの事情により7月29日までにWindows10無償アップグレード出来んかった人に対する救済措置として現在も期間を設けずに無償アップグレードができるようにしてくれとるのは非常にありがたいことじゃのう。流石、マイクロソフト。

最後に

今も継続されとる「障碍者向け支援技術製品を利用しているユーザー向けWindows10無償アップグレード」なんじゃけど、実はこのサイトにアクセスすれば障碍者でなくとも誰でもWindows10無償アップグレードができてしまう。

現在のところアップグレードの操作時に、「障碍者」であるとういう確認作業が全く無い為、サイトにアクセスさえすれば一般ユーザーでもWindows10無償アップグレードが可能な状態じゃ。

一般ユーザーが7月29日以降このサイトからWindows10無償アップグレードをした際に何らかのペナルティがあるかどうかは不明じゃけど、現状では無償アップグレードをしたユーザーが「障碍者」かどうかは判断できる材料がマイクロソフト側には無い為、ユーザー任せの対応となっとる。

Windows10無償アップグレードは期限を設けることで人々の心理を動かそうとしたんじゃろうけど、解り易いインターフェースで良いOSならそんなことせんでも自然と皆が使うようになるんじゃないんかの?

ちなみに8月12日~18日の一週間、うちのブログ訪問者のOSの割合を調べてみるとWindows10よりもWindows7ユーザーの方が多かった。

無償アップグレードでWindows10にしたもんはそんなに多くないんじゃのう。マイクロソフトのやり方が強引じゃったけん、ユーザーから反感を買ったんじゃないんか。

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA