うちの犬の抜け毛取りはアレを使う

気温も一気に上がり、うちの犬は一月位前から毛が抜け始めたんじゃけど、未だにもの凄い量が毎日抜けようる。毛の生え変わりの事を換毛と言うらしい。

この時期は風呂に入れて毛を洗い流したり、”抜け毛取り”を使って毛を取ったり手入れが大変じゃ。油断しとると家の中にフワ~っと綿毛のような毛が漂ってしまう。

参考になるかどうかは解らんのんじゃけど、うちの”抜け毛取りグッズ”を紹介する。ちなみにうちの犬はオシャレに言うと「ミックス」。日本語で言うところの雑種で短毛じゃ。

スリッカーブラシ

IMG_0126

 

 

 

これは一番最初に買うた”抜け毛取りグッズ”じゃ。

最初じゃったけん、何を買うてええかようわからんくて見た目のインパクトでコレにした。なんか細い棒がようけ出とるけん、いかにも取れそうな感じがするじゃろ。

ドギーマンのやつじゃ。 で、これで我家の犬をブラッシングしてやると・・・・
IMG_0131

 

大量に抜け毛が取れた!で、コイツの良いところは~
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
IMG_0132

 

後ろのボタンをプッシュすると、ブラシから大量の抜け毛がドン!!っと前に押し出されるけん簡単に抜け毛をスリッカーブラシから取り去る事が出来る。これ最初に考えた人スゲーわ。

ちょっと気になるのが、ブラシが金属の針金でできとるけん、皮膚に当たったらあんまり良くない様な気がする。試しに自分の腕にこの金属ブラシを当てて何回か軽く滑らせてみたんじゃけど、腕に白い線ができてしもうた。

スリッカーブラシを使う時は犬の皮膚になるべく当てんようにした方がよさそうじゃ。この理由で「ファーミネーター」なる物も使うて見たかったんじゃけど止めた。

 

シリコンブラシ

IMG_0125

 

二番目に買うたのが”シリコンブラシ”

なんでこれを買うたかと言うと、スリッカーブラシで大量の抜け毛を取る事ができるんじゃけど、ブラッシング後、犬を見てみるとまだまだ大量に抜けそうな毛が残っとった。

もう少し摩擦力の強いブラシを使うたら、もっと抜け毛を取る事ができるんじゃないかと思うてシリコンブラシを購入した。

スリッカーブラシでブラッシング後にシリコンブラシを使用してみると・・・・
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
IMG_0133

 

おう、結構取れたのう。

こいつじゃと、ブラシに付いた抜け毛は手作業で取らんといかんのんじゃけど、ブラシ部分が短いけん結構簡単に毛は取れる。

これを使うと目立っとった”抜け毛予備軍”はだいぶ無くなった。スリッカーブラシで取れん”抜け毛予備軍”もシリコンブラシなら取れる。

なお且つシリコン素材で柔らかいけん、御犬様のお肌にも優しいじゃろう。シリコンブラシはかなり満足できた。

さて、最後はとっておきの”抜け毛取り秘密兵器”!!

 

ゴム手袋

IMG_0134

 

これはたまたま車に積んどったゴム手袋なんじゃけど、ひょっとしてこれで犬を撫でたら毛が取れるんじゃないかと思うたんじゃ。スリッカーブラシとシリコンブラシでブラッシング後なんじゃけど、ゴム手袋で犬を撫でてみると・・・・
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
IMG_0136

 

おおっ!!まだ毛が取れるじゃないか!犬の皮膚にも触れんしこりゃええわい。

しばらく撫で撫でしてやると”抜け毛予備軍”はほとんど無くなった。取れ過ぎて恐いけん、ゴム手はめて撫ですぎには注意せんといかん。必要な毛まで取ってしもうたり、毛を引っ張りすぎて皮膚が傷んだらいかんけんの。

手の平のコーティングがケーキのスポンジみたいに穴が開いたようになっとる奴が摩擦力が高くてお勧めじゃ。

さて、以上が我家の犬の”抜け毛取り”グッズじゃ。秘密兵器がゴム手って中々面白いじゃろ。まあ、毛がようけ取れるけん言うて面白がって一度に大量に取ろうとはせんように。犬の身体を優しくいたわる事を第一に考えちゃろうや。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA