『カレイ山展望公園』村上水軍に思いを巡らせる(大島)

「カレイ山展望公園」は “しまなみ海道” の大島にある展望台じゃ。

「カレイ山」は標高232mの山で、大島の北側に位置しとる。山頂の展望台からは眼下に「伯方・大島大橋」、「船折瀬戸(ふなおりせと)」、「能島(のしま)」を見渡す事ができる。

「船折瀬戸」はその名の通り船が折れるほどの激しい潮流で、渦を巻いている海域。「能島」はその昔、村上水軍が能島城を築いていた島であり、現在は桜の名所として桜の咲く時期には臨時船が運航しとる。

「カレイ山頂展望公園」には展望台の他にもキャンプ施設、ヤギ小屋もある。昔はカレーが食べれるお店もあったんじゃけど、今は営業してないようじゃ。地図を見ると「絶景ラブスポット」なるポイントが記載されとって、どんなもんか非常に気になった。

「カレイ山頂展望公園」へのアクセス

 

愛媛県今治市宮窪町宮窪

何も考えずにナビの通り行くと、石切場になっとって道路が無い場所を通るように指示が出る事があるけん、注意!!
大島石、売れとるようじゃのう。

 

”しまなみ海道”の大島北インターから「カレイ山頂展望公園」までは約3km強。
大島北インターを降りて直ぐの信号を左折し国道317号線を北に進む。約800m進むと信号があり、そこを左折する。道路上の青い案内板に「カレイ山頂展望公園」と記載されとるけんの。
IMG_2695

 

国道317号線の信号を左折して約300m進んだT字路を左折。ココにも看板は出とるんじゃけど、見えにくいけん見落とさんようにゆっくり進んだほうがええで。
IMG_2697

 

400m進むとまたT字路。右折して”しまなみ海道”の高架下をくぐりぬけて直ぐ右折。曲がる箇所も多いし看板も目立たんけん、とにかく見落とさんようにゆっくり進もう。石切場の10tダンプも通る道じゃけんとにかく安全運転での。
IMG_2698

 

ここが非常に解りにくい。
”しまなみ海道”の高架下をぬけてから約1.2km進むとY字路?に出くわす。左に行く方が登るっぽいんじゃけど、「カレイ山」に行くには右側の道を進む。下の写真の奥に三角形の形をしたゲートが見えるんじゃけど、アレが「カレイ山展望公園」への入口ゲートじゃ。アレをくぐって進め。
IMG_2700

 

三角形のゲートをくぐって約350m進んだT字路を左折。
IMG_2701

 

左折後、250m進むと「カレイ山展望公園」の駐車場に到着する。
同じ大島にある「亀老山展望公園」とは違い訪れる人は少ない。駐車場もガラガラじゃ。ココからは徒歩で展望台を目指す。
IMG_2702

 

「カレイ山展望台」を目指してレッツゴー!

展望台を目指すには3つのルートがある。
駐車場奥から登るルート、駐車場入り口付近から登るルート、アスファルトの道のルートがあるんじゃけど、行きは駐車場入り口付近から登るルートを選択した。下の写真の木の階段を登っていく。(アスファルトの道が一番楽)
IMG_2703

 

テント場があったりする山道を5分位登ると「カレイ山山頂」に到着!
山頂には東屋があり、ここからは「伯方・大島大橋」を見降ろす事ができる。マーガレット?も咲いとるで。
カレイ山山頂

 

IMG_2714

 

「カレイ山展望台」は山頂から西側に少し下った所にある。水軍の砦をイメージした展望台じゃ。
IMG_2719

 

ココから下は「カレイ山展望台」の上から撮った写真。南側から反時計回りに順番に撮った。

展望台から南側は念仏山が見える。石切場があり、山が削られとるのがわかる。
IMG_2724

 

宮窪の港や有名な能島が見える。村上水軍はその昔、この海を活動拠点としとったんじゃのう。
IMG_2725

 

能島のアップ。東屋やベンチがあるのが見えるんじゃけど、城跡とは言われんと解らんのう。
IMG_2725_2

 

鵜島(うしま)、能島(のしま)、鯛崎島(たいさきじま)
IMG_2726

 

鵜島(うしま)と伯方島の有津(あろうず)の海峡が「船折瀬戸」。「カレイ山展望台」からは「伯方・大島大橋」、「船折瀬戸」がよう見える。
船折瀬戸は別の記事で書いた。【船折瀬戸の記事はこちら
カレイ山頂展望公園

 

「船折瀬戸」を通って来た船。
カレイ山頂展望公園、船折瀬戸

カレイ山頂展望公園

IMG_2741

 

「カレイ山展望台」を降り、能島の見える方へ歩いていくと「絶景ラブスポット」があった。大島石でできた石のベンチに座って瀬戸内海の絶景を見ながら愛を誓う場所なんじゃろう。カップルよ愛を誓いなさい。
IMG_2749

 

展望台からの帰りはアスファルトの道を通って帰った。途中にはヤギ小屋があって「雪ちゃん」と「小雪ちゃん」がおった。そこらへんに生えとった草をやると喜んで?食べた。こっちが「雪ちゃん」かのう。
IMG_2752

 

最後に

「カレイ山展望公園」は有名な「亀老山展望公園」の影に隠れてあまり来る人は多くないんじゃけど、幅が300mと非常に狭い海峡の「船折瀬戸」を大きな船が通る光景は絵になる。また、「カレイ山展望公園」へと向かう道の途中には大島石の石切場が数か所あり、あまり目にする事のない石を切り出して山が削られた様子が道路からも見る事ができる。

ココまで来たならせっかくじゃけん帰りにでも県道49号線を通って「伯方・大島大橋」を下から眺めてみるのもええじゃろう。これも中々ええ景色で。

近くにある村上水軍博物館はまだ行った事が無いけん今度行ってみるかのう。

 

 

帰る途中で「伯方・大島大橋」の上から見近島を見降ろすとツーリングキャンパーがテントを張っとった。う~ん、ええ景色じゃ。ちなみにこの島は車で行く事はできん。徒歩、自転車、125cc以下のバイクのみ入島できる島。
見近島、キャンプ

 

 

 

 

【るるぶトラベル】空室在庫が豊富!宿泊とセットでレンタカーや航空券が探せる!

【楽天トラベル】楽天会員ならポイントが溜めれてお得!

 

SNSでもご購読できます。

関連記事じゃけんの

コメントを残す


CAPTCHA